ARCHIVES
TAGS
再読/柔らかな頬・恋愛中毒
yawarakanahoho.jpg柔らかな頬

loveholic.jpg恋愛中毒

すみません、ごぶさたです。月曜日に「ここではない場所に行ってしまいたいなあ」と書いたあとすっかり別の場所に行ってました。…と言ってもまったく家から出てないんですが。アタマの中だけ遠くに(笑)

かなり遠くに行きましたよ。再読した2冊の小説の主人公はどちらもかなり強烈な個性を持つ女性です。「柔らかな頬」の主人公は不倫の翌朝5才の長女が行方不明に。家族も愛人も何もかも全て失ったまま長女を探して彷徨し続け…「恋愛中毒」の主人公は恋した相手への執着が強すぎて犯罪を犯すほどまで自分をコントロールできなくなっていく…。今の自分の生活からはかなり遠い世界のお話です。

いえ、遠くに行くといってもそういう世界に行きたいワケではないのですが(汗)ただ、毎日を規則正しく小さな世界で過ごしていると、心の底のほうに何かホコリのようなものがうっすらと積もっていくような感覚があって、時々それをブワーッっと吹き飛ばしてしまいたくなるのです。はい、物語の世界にどっぷり入り込んでホコリは一気に飛んでいきました(笑)

この2冊は何年も前の小説です。その頃を境くらいにして実はあまり「小説」を読まなくなっていました。読むのは仕事関係の本ばかりになって。独立して数年間はやっぱり大変で必死だったので、心にホコリが積もるようなヒマもなく、ホコリを払うような非日常の物語も必要なかったということなのかも知れません。

余裕がなく必死な生活は今も変わってはないのですが(汗)それでもちょっとずつ色んなことに慣れていって、大切な事を忘れかけていた今日この頃でした。昔読んだ小説を読み直して、自分の中で変わった部分、変わってない部分を確認できたのは良かったと思います。

「柔らかな頬」は直木賞「恋愛中毒」は吉川英治文学新人賞受賞作です。どちらも力量のある作家さんで物語の中にぐいぐい引き込まれます。単純なハッピーエンドではなく人によってはスカッとしない読後感なので、万人にオススメするのはどうかと思いますが、興味を持って読まれた方には損はないかと思います。

連休も終わりすっかり仕事モード!…と思いきや明日働くとまたまた週末ですね(笑)私は今週末はたぶん休めない予感がするのでしばらくは遠くに行かずに働きます(笑)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
いくつかブログランキングに参加しています。よろしければ右側にあるバナーボタンをポチッと押して応援してやってくださいm(__)m
ではまた明日
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 記事編集
<<洗濯バサミと網戸のホコリ | 雲の向こうまで >>