ARCHIVES
TAGS
速水御舟の特番
sumibotan.jpg速水御舟「墨牡丹」←クリックで作品解説へ

昨日の夜めずらしいことが起きました。見たいテレビが重なって録画ひとつじゃ間に合わない状態に!滅多にないですこんなこと(というか初めてかも)

TV欄を見ながら「M−1」と「仁」をリアルタイムで見て「坂の上の雲」を録画して…と計画してたら…同じ時間帯に「日曜美術館」で日本画家の速水御舟の特集をするではありませんか。これは絶対見逃せない!とあわてて母に電話して録画をお願いしました。

録画組のほうはまだ見てないんで今日はM−1の感想でも書こうかと思ったのですが、M−1のほうは昨夜さんざんTwitterで色んな感想を読んだせいですっかり消化してしまって(汗)(Twitterはイベント的な番組を見てる時には特に楽しいツールになりますね。同じものを見ながらリアルタイムで色んな人の感想やツッコミが聞けると面白さ倍増です)

で、速水御舟。まだ学生の頃、図書館で画集を見て以来ずっと「いつか全部本物を見てみたい」と思ってる画家のうちの一人です。彼の画で一番有名なのは(たしか)切手にもなったこちら↓
enbu.jpg
「炎舞」だと思いますが、墨彩の小品にも好きな作品がたくさんあります。

来年こそは山種美術館(彼の作品が多く収蔵されています)にも行きたいと思ってます。絵は逃げないけど私の持ち時間はどんどん逃げていってるわけですし…後悔のないよう会いに行きたいものです。

…その前にビデオビデオ(笑)楽しみです。



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | 記事編集
<<落とし物 | つながっていく感じ >>