ARCHIVES
TAGS
小さな異変に気が付く能力
ihen.jpg

朝起きて換気のため窓を開けて家事をしているあいだ、どうも何かがひっかかる感じがつきまとってました。何だろう…しばらく注意深く考えてみると、どうやら外の音にひっかかりがあるみたいです。えーと…

サワサワサワサワ…

小川のせせらぎのような小さな水音。なんだ、近所のどこかの家で水を流してる音か…。

でもどうもアタマの中で信号が点滅してるような感じが消えません。2階の窓から身を乗り出して水音の出所を探してみました。そしたら…

うちの1階のテラスに置いてあるホースのシャワーノズルからサワサワサワサワ…と水が流れ続けてるではありませんか!青くなってあわてて止めに降りました。夜に凍結して?何かの加減でシャワー部分が壊れたようです(元栓を開けてたのが運の尽き)いったいいつから流れっぱなしだったのか…オソロシイ…でも気付いて良かった…。

この一連の出来事のあいだ、同じ部屋にいたオットは何にも気付いていませんでした。私が「水の音が…」と騒いでいても「それがどうした?」という感じで。

一般論で語るのは違うかも知れませんが、やはり女性の方が自分の身の回りの小さな異変に気が付くのが得意なのかも知れないと思う出来事でした。

オットがこの “小さな異変に気が付く能力” に戦慄したのは言うまでもありません(何を嗅ぎ付けられるのを恐れているのかは…あえて聞かないでおいてあげました笑)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(4) | trackbacks(0) | 記事編集
<<しばしの空白 | 作ってみました/サヨリの一夜干し >>