ARCHIVES
TAGS
シェア住居で暮らすのはどうですか?
0_cover_with_label.jpg東京シェア生活

「シェア住居」が増えてるそうです。少し前のドラマ「ラストフレンズ」や今公開中の映画「パレード」など、ルームシェアして暮らしている人達のドラマも増えているので、都会の方では(この書き方って笑)かなり認知されてるのかな、と思います。

そういう私も結婚前は女友達と一軒家をルームシェアして暮らしてました。もうずいぶん前のことだし田舎だし…で、契約する時にはちょっとイロイロ…面白かったです(笑)

不動産屋のおじさんが “ 女の子2人で住むなんてなにか事情があるに違いない。私は民生委員もしてるし困ったことがあるなら力になるから相談して欲しい ” というようなことを遠慮がちに遠回しに2時間ほど…お話されました。いやあ…別に困った事情はなんにもなかったんですが(汗)

で、話を戻して「シェア住居」のこと。厳密にはルームシェアとはちょっと違うみたいです。シェア住居の総合専門サイト「ひつじ不動産」によると…
大抵のシェア住居は、以前は寮やマンション、一般の民家等であった建物を転用して運営されています。
入居者は基本的にそれぞれのプライベートな居室で生活し、リビング、キッチン、トイレ、風呂、洗濯機などといった設備だけを共有します。ワンルーム物件と同等レベルの賃料で広々とした共有空間を利用できたり、様々な充実した設備を利用可能である点も人気の理由です。
もちろん、何よりも共有空間の利用を通じて他の入居者との間に自然に交流が生まれるのが面白い所です。日常の社会生活ではなかなか接点の無い様々な業種、経歴の入居者との間に、シェア生活設備を起点に様々な接点が生まれてゆきます。

•ひとり暮しが寂しい、つまらない。もっと楽しく生活したい。
•ひとり暮しが安全面で心配。都会で暮らす事に不安を感じている。
•様々な業種、経歴の人と、適度な距離感で自然に交流を持てる接点が欲しい。
•個人同士のルームシェアやシェアハウスに興味があるけど、
何だかいろいろと不安。
•都会で暮らしてみたいけど、不安で踏み切れない。
•しっかりしたキッチンやリビングルームが使える生活がしたい。

こういった方のご要望にお応えできる住居です。

要するに「自由度の高い寮生活」って感じですかね?

hitsuji.jpgひつじ不動産 http://www.hituji.jp/

この「ひつじ不動産」のサイト、実際の物件がどれも詳しく紹介されていて、見ているだけで楽しい生活イメージ(妄想)がどんどんわいてきます。おもしろいですよ〜。

たぶん今夜の夢の中の私は…シェア住居で生活してるはず(笑)
良かったら今晩、一緒に暮らしてみませんか? なんて(笑)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | 記事編集
<<時間ぎうぎうの生活 | それを抜いたら意味がない >>