ARCHIVES
TAGS
お迎えの日が近いみたいです
20110225.jpg

じつはこのBlogでも何度か書いた実家の22歳の猫が数日前から何も食べなくなりました。

しばらく夜は実家に通う毎日なので、Blogの更新は不定期になると思います。ごめんなさい…。

母から連絡を受けて最初に帰った時、彼女(猫)の顔を見た瞬間「あ、お迎えが来るのを待ってる顔だ」と思いました。

心配性の母が少しでも出来ることをしてやりたい…と病院に連れて行ったのですが、お医者さんも「22歳なら間違いなく老衰ですから、あとは一緒に過ごして看取ってあげてください」と。

栄養剤をもらいましたがもちろん猫は口にしません。無理やり口に入れるのは違う気がして、そのままただ見守るだけです。

痛がったり苦しがったりは全然なく…ただじっと抱かれるまま。

静かに待っている様子に、悲しいというより何か厳かなものを感じています。


…でもやっぱり悲しいですね。心の準備は充分出来てるんですけど。



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
固定リンク | comments(8) | trackbacks(0) | 記事編集
<<やれることをやらなければ | 野良ニワトリ >>