ARCHIVES
TAGS
恐怖のキャベツスライサー
20120202.jpg

今日は痛い話がニガテな人は読まないでくださいね。



ずっと欲しいと思ってた「キャベツスライサー」を買ってから数ヶ月経ったところです。

それまで千切りキャベツが欲しい時には、普通サイズのスライサー
20120202-2.jpg(まあいわゆるこんなヤツです)
を使ってましたが、チマチマしててやや不便。もっと一気にザックザックしたいなーと思いまして。

購入したキャベツスライサー、すごいですよ。キャベツ半玉をアッという間に大量の千切りキャベツに!お好み焼屋かトンカツ屋が開業できる勢いですよ!

もう大満足!

…でもね。でも結構怖いんですよね。

何が?って…。スライスする刃の部分が…面積が広いだけにね…マジな感じに“刃”なんですよ。“凶器”なんですよ。光ってるんです不気味に。

そのためかどうか、上の写真のように「安全ストッパー」が附属品でついてます。


なのになのに、10日ほど前でしょうか…

面倒くさがりの私の性格が災いして、うっかりストッパーを使わずに素手でキャベツをザックザックしておりましたら…

案の定、「あ!!!」っと思った時には、右手親指の側面をザックザック(痛!)してしまいました。

「あ!!!」って思った時にはもう遅いんです(汗)

ここから先の顛末は、いまだに思い返すと「ひいいいいいいいっ」っと気が遠くなるので割愛します(涙)

やっと、やっと治りかけてきて、傷口を見ても大丈夫な状態になったので、思いきって書きました。

いやほんと、ほんとコワいですよ!

あまりにひどい傷はショックを和らげるために痛みを感じないようになっている、とか、皮膚の下はこうなっている!とか、止血のコツは…とか、色々勉強になりました(涙)


トラウマになってしまったので、しばらくはキャベツの千切りは“手動”でやってます。

ちょっと太くて噛みごたえありますですよ(笑)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | 記事編集
<<中年ロッカー | 半笑いの日 >>