ARCHIVES
TAGS
これが駄文というものですね。
wanko35.jpg

今日はどうも書きたいことがなんにも浮かばず…。まあこんな日もありますよね。電池が切れたんだと思います。こんな日は早寝を…と思ったけどもうすぐ12時…もう早寝じゃないですね。とりあえず書き始めたら波に乗れるかな、と思ったけどいい波も来ませんねえ…。これ以上グダグダ書いてもしょうがないですね。あ、しようと思ってたメールを2件も送り忘れたことを思い出しました。もう寝ちゃってるよね…。ダメダメなままお風呂に入るとします。気分、リセットできるかな。土日も仕事確定なんでもうすこしピリっとしていないといけないんですけど。こんな駄文を読ませてしまって今日はどうもすみません。

(内容の無さをちょっとごまかそうかとワンコの写真を…。舌が出てますね。このカオに少しなぐさめられました)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(4) | trackbacks(0) | 記事編集
猫のエレベーター
catlift.jpg


色んなブログで話題のようなので、ご覧になった方も多いかも知れませんが…。「cat-lift」その名の通り猫のエレベーターだそうです。

むうぅ…。野性の血はどこに…。(でも良く出来てるなあ)


こちらは人力です。ちょっとなごみます(笑)

これぐらいワイルドな方が…好みです(笑)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(10) | trackbacks(0) | 記事編集
食べてすぐ寝ると牛になる
ushi.jpg

なんとなくそうしたほうがいいのかなあ…と思って、食事のあと5分くらいベッドに横になってるんです。この1週間。

毎回食べてすぐ横になってたらそろそろになるんじゃないか、と心配してましたが(ほんとに?)まだ大丈夫です。

でもなんでそんなことわざ(言い伝え?)があるのかと、今さらながら不思議に思い始め…じつはカラダに良くないことなのか、こっちは本気で心配になってきたので調べてみました。

食べて寝ると牛になる?

うん、やっぱり食後カラダを休めるのはいいことなんですね!安心しました。にしても、行儀が悪い人間は牛に!なんて牛に失礼では。豚のほうが説得力が…ってこれも失礼ですね、豚に…じゃなくて私に(笑)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(6) | trackbacks(0) | 記事編集
時間ぎうぎうの生活
tokei.jpg

昨日で手術から1週間経ちました。退院してから延々と仕事を片付けることに追われているせいか、なんかもう病院のことがはるか昔のことのように思えます。傷は痛む(ちょっとカユい)のでマボロシだった…とは思いませんが。

まだちょっと油っこい食事を避けてるので、オット用のおかずと自分用のおかずを分けて作ってます。今まで忙しい時期の夕食は総菜や外食で済ませていたのに、今回はそのせいもあって(?)ますます時間がぎうぎうの生活になってます。

弱音…ですねえ。コビトも出て来ないし自分でやるしかないワケで(汗)こうしてブログ書いてる時間にも。現実逃避は封印して…うん、がんばります。

終わったらまた山陰にカニ&温泉旅行に行きたいなあ〜。それを励みに!



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | 記事編集
シェア住居で暮らすのはどうですか?
0_cover_with_label.jpg東京シェア生活

「シェア住居」が増えてるそうです。少し前のドラマ「ラストフレンズ」や今公開中の映画「パレード」など、ルームシェアして暮らしている人達のドラマも増えているので、都会の方では(この書き方って笑)かなり認知されてるのかな、と思います。

そういう私も結婚前は女友達と一軒家をルームシェアして暮らしてました。もうずいぶん前のことだし田舎だし…で、契約する時にはちょっとイロイロ…面白かったです(笑)

不動産屋のおじさんが “ 女の子2人で住むなんてなにか事情があるに違いない。私は民生委員もしてるし困ったことがあるなら力になるから相談して欲しい ” というようなことを遠慮がちに遠回しに2時間ほど…お話されました。いやあ…別に困った事情はなんにもなかったんですが(汗)

で、話を戻して「シェア住居」のこと。厳密にはルームシェアとはちょっと違うみたいです。シェア住居の総合専門サイト「ひつじ不動産」によると…
大抵のシェア住居は、以前は寮やマンション、一般の民家等であった建物を転用して運営されています。
入居者は基本的にそれぞれのプライベートな居室で生活し、リビング、キッチン、トイレ、風呂、洗濯機などといった設備だけを共有します。ワンルーム物件と同等レベルの賃料で広々とした共有空間を利用できたり、様々な充実した設備を利用可能である点も人気の理由です。
もちろん、何よりも共有空間の利用を通じて他の入居者との間に自然に交流が生まれるのが面白い所です。日常の社会生活ではなかなか接点の無い様々な業種、経歴の入居者との間に、シェア生活設備を起点に様々な接点が生まれてゆきます。

•ひとり暮しが寂しい、つまらない。もっと楽しく生活したい。
•ひとり暮しが安全面で心配。都会で暮らす事に不安を感じている。
•様々な業種、経歴の人と、適度な距離感で自然に交流を持てる接点が欲しい。
•個人同士のルームシェアやシェアハウスに興味があるけど、
何だかいろいろと不安。
•都会で暮らしてみたいけど、不安で踏み切れない。
•しっかりしたキッチンやリビングルームが使える生活がしたい。

こういった方のご要望にお応えできる住居です。

要するに「自由度の高い寮生活」って感じですかね?

hitsuji.jpgひつじ不動産 http://www.hituji.jp/

この「ひつじ不動産」のサイト、実際の物件がどれも詳しく紹介されていて、見ているだけで楽しい生活イメージ(妄想)がどんどんわいてきます。おもしろいですよ〜。

たぶん今夜の夢の中の私は…シェア住居で生活してるはず(笑)
良かったら今晩、一緒に暮らしてみませんか? なんて(笑)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | 記事編集