ARCHIVES
TAGS
胃痛と寒気と男脳と女脳
cat24.jpg

昨日の夜から胃痛と寒気にやられてます。カゼ気味とかなまやさしいモノじゃなくてたぶん風邪ひいたんだと思います。ずーっと胃が痛くて仕事も牛の歩みのごとくなかなか進まず(それでも休めないのがフリーのつらいところ)脂汗をかきながら24時間が経過したところです。

今日は当然ブログの更新も休もう…もう座ってるのも限界…ってところで急に痛みが収まってきました。なんで?でもこれって嵐の前の静けさか、台風の目に入ったのでは?

なにはともあれ今のうちに出来ることをやっておこう!

てことで一応ブログも更新できそうで。でも1日中うなってただけなのでネタがない(笑)昨日、文系・理系の話をしたので関連してこのページにリンク貼っておきます。

男脳女脳度テストこころのcafe心理テスト
http://www.cococafe.cc/test002.html

私は210点でした。男脳寄りの女脳。地図は読めるけど、女性の方が得意とされる“いくつものことを同時進行”もできるので、まあ納得の結果…かな?

質問を読んでると人によっていろんな行動パターンがあるものだなあ…と興味深いですね。ちゃんと話してコミュニケーションとらなきゃズレていくのも当たり前だと思わされます。

あ…なんかだんだん痛みが戻ってきたような…。おやすみなさいませ。



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(8) | trackbacks(0) | 記事編集
世界のたね
tane.jpg世界のたね―真理を追いもとめる科学の物語

生物・化学・物理…と分かれる前は「理科」が一番好きな科目でした。よくある話で“慣性の法則”や“元素記号”あたりでザセツして、以来“ 自分は文系の人間だ ”ということにして生きてきました。ホントは文系だってアヤシイもんですけど(笑)

そんな私なので“ むずかしい話をやさしく書いてある ”本が大好きです。理論はまったく理解できないけど、いまだに子供みたいに知りたい謎はいっぱいあるので、初心者や子供向けの科学書を読むのが好きです。

本棚にあるこの「世界のたね」は特に何度も読み返してる好きな本です。私たちが当たり前のように知っている“ 知識 ”も、「不思議だな」と思った人がいて、謎を解き明かすために実験・観察・研究した人がいて…科学史の流れがわかりやすく、親しみやすい物語として書かれています。

読み返すといつも不思議とあたたかい気持ちになるんですよね。「なぜだろう?」っていうただそれだけの純粋な気持ちで答えを追い求めていった先人達に、あこがれのような気持ちがあるのかも知れません。



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(4) | trackbacks(0) | 記事編集
原作の魅力
alice.jpg

「アバター」ですっかり3D映像の魅力にまいってしまったので、4月に公開される「アリスインワンダーランド」もぜひ3D版で見たいと思ってます。

「アリスインワンダーランド」はもちろんあの有名な「不思議の国のアリス」と続編「鏡の国のアリス」が原作…と、書いてふと思ったのですが、たぶん私はほんとの「原作」って読んだことないと思います。子供向けの絵本やアニメで見たのが私の中の“アリス”

「絵本やアニメでなじみがあって知ってる気でいたけど、原作を読んだらイメージが違っててびっくりした」という経験ありませんか?たとえば「ムーミン」「ガリバー旅行記」「ピノキオ」etc…

ムーミン谷はアニメほど楽しく明るい場所ではないし、ガリバー旅行記は小人の国に行くだけの話じゃなくて文明批判や哲学まで含まれた内容だし、ピノキオはアニメよりもっと不思議で怖い旅をしているし…。

子ども向けのお話はわかり易く単純化されているので“ 影の味わい ”みたいなものが消えてしまうんでしょうね。もちろんどのお話も名作だけあって子どもにも大切なことはきちんと伝わりましたが。

アリスもたぶん今原作を読むと、別世界がひろがるような気がします。映画の前に…読んでみようかな。



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | 記事編集
素通りできませんでした/チョコレートスパークリング
choco.jpg

コンビニの新商品ドリンク、つい手が出ます。好奇心に勝てない…(笑)私みたいな人をターゲットに“ 長く愛される味 ”を目指さずに、話題作り先行のドリンクばっかり店頭に現われては消えて行く…そんな風潮、良くないんじゃなかろうか…と思うのですが、まんまと買ってしまう私が言っても説得力ゼロですね(汗)

能書きはそのくらいにして「チョコレートスパークリング」ああ気になる。だって透明だし…スパークリング??チョコは使用していません、って書いてあるけどチョコの味がする?素通りできませんでした。

で、飲んだ感想。「たしかにチョコ!そしてスパークリング!」まんまです(笑)サントリーさん、不思議な飲み物作りますね。

炭酸系のくせに(くせに?)けっこう甘いです。私の甘み許容量は3口ほど飲んだらイッパイイッパイになってしまいました。まだ半分冷蔵庫にあります。これは…バレンタインのプレゼントとか(これはもちろん狙って発売したんでしょうね)軽くウォッカなんか混ぜてチョコレートカクテルにするとイイかも。

私は気が済んだのでたぶんもう買わないと思いますが…(やっぱり彼らの思うツボだった笑)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(6) | trackbacks(0) | 記事編集
熱燗って飲みますか?
atukan.jpg

アルコール類は国籍問わずほとんど何でも好きですが(笑)ふと家には“ 徳利 ”がないことに気が付きました。そういえば家で熱燗飲んだこと…ないなあ。日本酒飲むときはたいてい冷酒です。

自分がそうだから勝手に決めつけてるのかも知れませんが、昔に比べて家での“ 熱燗文化 ”みたいなものって減ってるんじゃないでしょうか?なんとなくそんな気がしてます。

小さい頃には、よく父親の晩酌の支度のお手伝いでヤカンに徳利を入れて燗を作ってた記憶があります。しばらく経つとヤカンから電子レンジに道具は変わったけど、家で熱燗の支度をしてた日常が確かにありました。

今、熱燗を楽しむとしたら…温泉旅館で浴衣で…とか露天で雪見酒…とか?ああ…書いてるうちに居てもたってもいられなく…(笑)いやまあ妄想です、妄想酒場(笑)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(8) | trackbacks(0) | 記事編集