ARCHIVES
TAGS
ロシアン ガーリック ルーレット
ninniku.jpg

おとついはカニ雑炊、昨日はモツ鍋のあとまた雑炊、七草がゆを食べる前からカラダにやさしそうな食事になって…なって……なってなかったのです。昨晩は胃痛で熟睡できませんでした。

原因はモツ鍋に入れたニンニク。ちょっと食べ過ぎたみたいです。どうもニンニクに弱いみたいなんです私の胃袋。

好きなんですよニンニク。好きなものに攻撃されるのは悲しいものです。イタリアンなんて大好物だしたくさん食べたい…というかお店に行くと美味しいのでたくさん食べるのですよ。あとから苦しむことなんてすっかり忘れて。毎度毎度そうです。学習能力ゼロなのです。

適量だと平気なんですけどね。んー…致死量がわからないんですよね。どのくらい食べたら痛くなるのかが。ロシアンルーレットみたい…昨夜は見事命中しました。

でも…おいしかったからまあいいか(また絶対忘れて食べますよきっと)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(4) | trackbacks(0) | 記事編集
やっぱり残していきたいモノ
kazari.jpg

毎日犬の散歩をしている母と、毎日ウォーキングしている義母が、示し合わせたかのように「今年はしめ縄をしてる家が少ない」と言ってました。私も似たようなこと思ってました「門松を出している会社やお店が少ないかも…」と。

こういった伝統的な風習、すたれつつあるんでしょうか?それともやっぱり…不景気で?(こっちの理由だとさらに寂しい)まあ、しめ縄もお正月飾りも3年モノを出している私には嘆く資格はないんですが(汗)

でも近年、私みたいなバチ当たりも増えてるんじゃないか…と思ってちょっと検索してみたら…あ、やっぱりあるんですね、“毎年使える作り物の門松“とか。自分のことは棚に上げて、ちょっと微妙な気分になりますね(笑)

ところで門松を調べていてびっくりしたことが1つ。(不勉強な私は今日まで知らなかったのですがもしかしてこれって常識ですか?)
kansai.jpg関西用の門松
kantou.jpg関東用の門松

東西でカタチが違うんですね。うどんのツユの色だけじゃなかったんだ…。

でもどちらも改めて見ると美しいかたちですね。やっぱり伝統的な風習はちゃんと後世に残していきたいなあと思ったのでありました(あんまり説得力ないけど(汗)ホントにそう思いますですよ)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(6) | trackbacks(0) | 記事編集
血は争えない…
ogurisyun.jpg

元旦に届いた年賀状の束の中に郵便局からの年賀状(チラシ?)が入ってましたよね。賀状を整理してこの郵便局からの賀状を捨てようとした瞬間、手が止まりました。裏に小栗旬くんの写真を見つけて…。

特にファンなわけじゃないんですが、キリッとしたスーツ姿がなんだか新年にふさわしいなあと思ってテーブルの上に飾っておいたらオットがあきれてました。

そして翌日、実家で母が親戚から来た賀状を私達に見せようと持ってきたファイルの中にも…いましたよ小栗旬くんが。しっかりファイリングされてました。

オットがぼそっと一言「血は争えないね…」

…ですね(汗)




今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | 記事編集
手作りポチ袋ふたたび
nenga-pochi.jpg

クリスマスにポチ袋作りにはハマったまま、お年玉も手作りポチ袋を配っております。昨晩は私の実家へ、今夜はオットの実家へ。どんどんポチ袋が出て行きます(笑)

料理とお酒はどんどん身体に入ってきます(汗)
あー明日からまたダイエットせねば!
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 記事編集
観て損なしの映画/アバター
avatar.jpg

話題の映画「アバター」年末にレイトショーで観てきました。30日の夜なんてガラガラかなあと思いきや席半分は埋まってました。さすが!この三が日はたぶん満員なんでしょうね。

通常版と3D版とありますが、もちろん3D版で。あっという間に“映画の中“へ。「観るのではない。そこにいるのだ。」って映画のコピー、上手い。まさにその通り。一緒に別世界での冒険が始まります。

ストーリーはまあ「2012」の時と同じく突っ込みどころ満載でしたが…そういう映画ではないので素直に楽しみました。「2012」の時と同じく口をぽかーんと開けたまま(笑)

それにしてもハリウッドのキャラクター作りのレベルはとんでもないですね。映画の予告編で初めてアバターを見た時には“怖い”と思っていたのに、映画が進むにつれどんどん魅力的に見えてきて…。“気持ち悪さ”と“可愛らしさ、愛しさ”のバランス具合の絶妙なこと!なんだか魔法にかけられたみたいでした。

観終わったあとの充実感、半端ないですよ。ついでに疲労感も(笑)3Dってアレ、脳は完全にだまされてると思います。映画観る直前に晩ご飯食べてたのに、映画終わった時ものすごくお腹すいてました。たぶん一緒に走ったり飛んだりした気になってますよアレ。ほんとにカロリーも消費してくれてたら万々歳なんだけど(笑)

こんなに続けて大作ばっかり観るのは私としては珍しいのですが…これはほんとに映画館で観るべき、観て損なしの映画だと思いました。



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 記事編集