ARCHIVES
TAGS
今朝からの憂鬱
namako_omura.gif ※画像は雲丹専門小林商店様HPより

今日は朝からずっと仕事していても気がかりなことがひとつありまして…。夜が近づくにつれてますます憂鬱になってきているところです。でもそろそろ覚悟を決めなくては…。

じつは今朝、生きてるナマコを頂いたのです。バケツの中でウニウニウニウニ…ゆらめいていらっしゃいました。この時点でちょっと鳥肌が…。

お昼にヤツの様子を見たオット情報では「なんか気持ち悪いものを吐き出してぐったりしてる」そうで…それを聞いてますます憂鬱に…。上手くさばく自信が全然ないんですけど(涙)

子供の頃は魚の行商のおばちゃんの横で平気でつかんで遊んでたのになあ…ナマコ。塩もみとか…出来るのかなあ私。さらに包丁を入れるなんて(ブルブル)

写真のような美味しい完成図だけをアタマに描きながら…そろそろキッチン入りして頑張ってみます!ああもう飲みながらやっちゃいます!



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | 記事編集
おサルの温泉エイサッサ
onsen.jpg Yahooニュース(読売新聞)より

おサルさん達…温泉から出してる手がかわいくて笑っちゃいます。函館の熱帯植物園のサル山で毎年恒例の温泉だそうです。

記事には「106匹のサルのうち温泉好きのサルは…」って書いてあるんで全員がつかってるワケじゃなさそうですが…温泉好きと嫌い(無関心?)の割合…案外人間と似たようなもんだったりするんでしょうか(と書きながら人間の温泉好きの割合だって知りませんが笑)

ところでこのおサルさん達、湯船から出てもタオルで拭くワケでもなし、服を着るでもなしだけど湯ざめしないのかな?濡れた毛が夜に凍ったら風邪ひくんじゃないかと…いらぬ心配ですよね(笑)

ずっと部屋にこもって仕事してたんでここらで一息、私も今夜は近場の温泉に行ってきます。固まった肩をほぐさなくっちゃ…(ピッチャーみたい笑)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | 記事編集
味わい深い顔
busa.jpg

バットマンみたいな猫がいました(笑)ブサ猫、大好きです。

そういえば実家の猫もどちらかといえばブサ猫。友達が遊びに来て「さっき外にすっごいブサイクな猫がいたよ〜(笑)」なんて言ってたらうちの猫でちょっと気まずかった…みたいなこともありました。

芸人さんなんかでも初めて見た時に「わ、ムリ(なにが?)」ってびっくりするくらいのフェイス(失礼)の方があとからどんどん好きになってくる…ことが多いかも。“味わい深い”っていうのでしょうか…。

いや…まあ…猫でも人でも外見をアレコレ言うのはあまりホメられたもんじゃありませんね(汗)これ以上書いてると高い棚に上げてたモノ(ワタシか)が落ちてくるのでこのくらいでやめておきます。

今夜はとりとめもなくてスミマセン(汗)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(4) | trackbacks(0) | 記事編集
クマとネコのウォーマー
bear.jpg

ヒマそうに窓の外を眺めてるクマ…寒くなってきたのでそろそろ仕事してもらいます。このコは電子レンジに入れて温めて使うウォーマー。肩や首筋にのせたりお腹に抱いたり、温かさが長持ちするので冬の必需品になってます。

勝手に“クマのミーシャ”と命名して何年もつき合ってますが(丸洗いも出来て長持ちするのです)彼女の仕事を奪いそうな強力なライバルが現われました。

cat1.jpg
黒猫のウォーマー…
cat2.jpg
か…かわいい…。

ちょっと気持ちが動きました。ごめんねミーシャ。でもこの黒猫ちゃんは4200円。ちょっと高いかな。たぶん買わないと思います。ミーシャには今年もしっかり働いてもらいます。

黒猫のウォーマー。興味のある方はこちら↓
http://item.rakuten.co.jp/htdd/hd359/#hd359




今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(6) | trackbacks(0) | 記事編集
座ってるけど走ってます
hadol.jpg

今こんな感じです↑。やるべきことがやってもやっても減りません〜。なんか楽しくなってきました〜(ヤケクソです笑)

こういう時はあまり先の方を見ずに目の前の景色に集中することが上手く切り抜けるポイントでしょうね。

そのうち遠くまで見渡せる場所に立てると信じて走ります。



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | 記事編集