ARCHIVES
TAGS
尾道駅裏ANDY

意を決して、初めてそのお店のドアを開けたのは15歳の時。

中学生だった私と友達は、ずっと尾道駅裏の路地にある蔦のからまったほの暗い明かりの灯るそのお店のことが気になってました。

JAZZ喫茶なんて看板が掲げられていたけど、中学生だった私達はJAZZなんて聴いたこともなくて、なんだか分からないけどそこには今までの自分達の想像を越えた大人の世界が拡がっているに違いないと、得体の知れないドキドキとワクワクを抱えながらドアを開けました。

幼いお客さんにもマスターは優しかった。注文したジュースとピザの美味しさは今でも覚えてます。

テーブル席に座った私達からは、カウンターでマスターと談笑している常連さんの姿はとても眩しくオトナに見えましたっけ。

「いつか私たちもカウンターに座れるようになりたいね」なんて友達と無邪気に話したのが最初の思い出でした。

それから何年も経たないうちに高校生の私達はバンド活動を始め、ライブの打ち上げにはカウンターに座り、マスターの紹介やカウンターでの出会いから色々な経験をさせてもらいました。

「東京に行く」も「帰ってきた」も「失恋した」も「親が死んだ」も「会社を辞めた」も、考えてみれば自分の人生の中の大きな出来事は全てマスターに報告に行ってました。

ピザとジュースでドキドキしていた15歳の私は、いつのまにかお店の冷蔵庫から勝手にビールを出してカウンターで手酌する“常連さん”の一人になってました。



…なんて、つらつら書いていても、とても書き切れないことに今やっと気がつきました。

思い出し始めるといくらでもお店での「あの夜」「この夜」の思い出が湧いてきて収拾がつかなくなりそうです。


そんなお店がなくなりました。マスターは2度と会えない人になってしまいました。

仕事の独立や結婚や、自分の生活の変化を追いかけるのに必死な間に、私の知らない間に、色んなことが取り返しのつかないことになってました。

またひとつ、苦い後悔が増えました。

誰かと別れるたびにいつも感じる後悔です。「もっと出来ることがあったんじゃないか」と。学習しないですね、ほんとに…。

葬儀が終わっても、未だに実感が湧かないのです。まだふらっとお店に立ち寄れそうな気が。ドアを開けたらそこにマスターがいるような気が。

まだまだ自分の人生に精一杯で、ちょっとごぶさたしてるけど、「また来るからね」。

そんな気持ちでいたいな…なんて、往生際悪いですかね。


マスター。長い間ありがとう。
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | 記事編集
3世代で夏フェス
20120817.jpg

去年一昨年その前の年も、毎年ウダウダウダ…と行けない(行かない)グチを書き連ねていたセットストックに、今年は行きます。5年ぶりですよ!

1ヶ月前、オットが「暑すぎて絶対ダウンするからイヤだ!」と一緒に行くのを頑に拒んでいる状況を何気なく母に話したら「付き合ってあげようか?」と思いもかけない返しが!

「世間のことをもっと色々経験した方が面白いかと思って」と、70を越えた母親が言うのですよ。恐れ入りました。

そして母にとっての孫娘、高校生の姪っ子も一緒に行くことに。3世代で夏フェス。こんな日が来るとは。

我が母…夏フェス最年長…かも…。姪っ子も日頃クーラーの効いた部屋三昧の夜行性動物なのに…。大丈夫なんでしょうか(「そう言うオマエが一番心配」と言われている私も含め)ちょっと心配ではあるのですが…。

お目当ては「Hiuribe LOU」と「MAN WITH A MISSION」と大トリの「奥田民生」。あとは無理せずのんびりと楽しもうと思ってます。

とは言っても、あのフェス独特のLove&Peaceな空間に1日ずっと浸っていられるのかと思うと、もう今から夏休み前の子供みたいにソワソワワクワク落ち着かない自分に苦笑です。

体力のなさを実感してこれが最後の夏フェスになるのか、楽しすぎてフェス熱がますます加速していくのか…どっちでしょう(笑)

色んな人と一緒に過ごした今までの夏フェスもそれぞれ忘れられない素敵な思い出ですが、親子孫3世代で過ごす今年のフェスも、素敵な思い出になるといいな、と思ってます。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 記事編集
青椒肉絲
20120811.jpg※写真撮り損ねたのでイメージ写真です。

自分でピーマンを買うなんて年に2回くらいのものです。

3年前のブログではまだ「自分でピーマンを買ったことがない」と豪語していたので、私のピーマン購入回数は通算5、6回ってとこでしょうか。

で、今日はその「ピーマンを買った日」です。

スーパーで突然「今日はチンジャオロースが食べたい!」と思ったんです。何故だか分かりませんが。

でもってピーマンと牛肉を購入し、帰ってからレシピを検索。何故だか分かりませんが今日は“中華といえば Cook Do(青椒肉絲の素) ”を買わなかったのです。

で、このサイトのレシピ通りに作ってみました。「簡単」なのに「本格派の味」になるという2ワードにシビれました(笑)

結果なんとほんとに簡単だったけど本格派の味でした!ウソ偽りなし!美味しかった!


「子供の頃、たぶんまだチンジャオロースなんて呼び名じゃなかったけど、晩ご飯に“ピーマンと牛肉の炒めたヤツ”が出た夜は悲しかった。食べるものがなくてお肉だけ食べてたら(その肉もピーマン味がして大嫌いだったんだけど)親にすごく怒られてね…」

なんて、ふとオットに向かって独白してました。オットの家ではチンジャオロースなんて出た事なかったそうですが、オットも子供の頃はピーマンなんてたいして好きじゃなかったそうです。

味の好みって変わるのですね。


それにしても今日の青椒肉絲は美味しかったです。レパートリー入り決定です。ピーマン購入回数は右肩上がりに伸びる…かも知れませんです。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 記事編集
ロシアの端っこ
20120809,jpg.jpg

オリンピックがもうすぐ終わっちゃいますね。

とても寂しいです。

仕事が立て込んできて、ちゃんと観たのは3分の1くらいのものなので、“ファン”を名乗っていいものかアヤシイところですけど…

でもでも何気なくテレビを付けたらそこに世界最高峰の戦いが!そこかしこですごいレベルの戦いが!という場面にカンタンに、こんな片田舎でカンタンにそんな場面に立ち会える日常っていうのはほんと贅沢ですよ。

テレビつけるたびに「ああ平和だ。ああ贅沢だ」って思います。あと数日ですね。寂しいです。


さて、今夜晩ご飯を食べながらオットと「新体操・予選」を観てました。

ううううう美しいいいいいい。2人ともしばし口を開けて見とれてました。

しかし。選手が出てくるたびにオットが聞いてきます。

ベラルーシ・カザフスタン・ラトビア・エストニア・ウクライナ・スロバキアetc…

「どのへんの国?」

うんうん。そうですよねー。いっぱいあるからね。

「えーと、なんかロシアの端の方のヨーロッパの方のシルクロードみたいなとこの国だよ」

とまあ私もいい加減に答えるわけでして。

「インドっぽいね」「いやちょっと南米系?」「リオのカーニバル?」「いやインディアンの」「いやすっかりアジアの」

…もう無茶苦茶です。いいんです。人類みな兄弟。美しい、それだけでOK。

とはいえ、やっぱりちょっと気になるので改めて世界地図を見てみました。

ああ…そうなんだ…

「エストニア・ラトビア・リトアニア」グループと、「カザフスタン・ウズベキスタン・トルクメニスタン」グループが(この“グループ”ってのは私の中での勝手なグループ分けです)意外に離れたところに位置していることを実は初めて知りました。

全部「ロシアの端っこ」で認識していた自分、どんだけ大雑把なんだろう…(まあ合ってはいるんですが)


画像の1から10までの国名、全部分かりますか?

ホントは失礼な話なんですよね。関東の人が中国地方5県が言えなかったりするとちょっと悲しくなるじゃないですか。たぶんそんな感じですよね。トルクメニスタンの人とか。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 記事編集
夕食の居酒屋化
20120807.jpg

ダイニングテーブルの端に、いつでもパラパラめくれるように置いてある本が…

よく見ると…全部 “ 酒のつまみ ” 系!

おつまみハイボール亭
ワイン食堂
おつまみ横丁
おうちで居酒屋

なんとまあ…(呆)

ダイエット始めてから夕食にご飯やパンをあまり食べなくなったことで、夕食の居酒屋化が加速中です。


それはそうと、本屋さんで目に留まった本を買ってるうちにこのラインナップになった(1度に買ったワケじゃない)のですが、結果的に池田書店発行の“ 新書サイズの料理本 ”シリーズが集まってしまいました。

このシリーズは写真もデザインも読み勝手も、とてもイイです。デザインのいい本に手が伸びるのはまあ職業病ですけど、肝心の料理の方もほとんどの説明が3ステップで完結する簡単メニュー…の割にあなどれない美味しさで、面倒くさがりの私は重宝しております。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 記事編集