ARCHIVES
TAGS
再読/柔らかな頬・恋愛中毒
yawarakanahoho.jpg柔らかな頬

loveholic.jpg恋愛中毒

すみません、ごぶさたです。月曜日に「ここではない場所に行ってしまいたいなあ」と書いたあとすっかり別の場所に行ってました。…と言ってもまったく家から出てないんですが。アタマの中だけ遠くに(笑)

かなり遠くに行きましたよ。再読した2冊の小説の主人公はどちらもかなり強烈な個性を持つ女性です。「柔らかな頬」の主人公は不倫の翌朝5才の長女が行方不明に。家族も愛人も何もかも全て失ったまま長女を探して彷徨し続け…「恋愛中毒」の主人公は恋した相手への執着が強すぎて犯罪を犯すほどまで自分をコントロールできなくなっていく…。今の自分の生活からはかなり遠い世界のお話です。

いえ、遠くに行くといってもそういう世界に行きたいワケではないのですが(汗)ただ、毎日を規則正しく小さな世界で過ごしていると、心の底のほうに何かホコリのようなものがうっすらと積もっていくような感覚があって、時々それをブワーッっと吹き飛ばしてしまいたくなるのです。はい、物語の世界にどっぷり入り込んでホコリは一気に飛んでいきました(笑)

この2冊は何年も前の小説です。その頃を境くらいにして実はあまり「小説」を読まなくなっていました。読むのは仕事関係の本ばかりになって。独立して数年間はやっぱり大変で必死だったので、心にホコリが積もるようなヒマもなく、ホコリを払うような非日常の物語も必要なかったということなのかも知れません。

余裕がなく必死な生活は今も変わってはないのですが(汗)それでもちょっとずつ色んなことに慣れていって、大切な事を忘れかけていた今日この頃でした。昔読んだ小説を読み直して、自分の中で変わった部分、変わってない部分を確認できたのは良かったと思います。

「柔らかな頬」は直木賞「恋愛中毒」は吉川英治文学新人賞受賞作です。どちらも力量のある作家さんで物語の中にぐいぐい引き込まれます。単純なハッピーエンドではなく人によってはスカッとしない読後感なので、万人にオススメするのはどうかと思いますが、興味を持って読まれた方には損はないかと思います。

連休も終わりすっかり仕事モード!…と思いきや明日働くとまたまた週末ですね(笑)私は今週末はたぶん休めない予感がするのでしばらくは遠くに行かずに働きます(笑)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
いくつかブログランキングに参加しています。よろしければ右側にあるバナーボタンをポチッと押して応援してやってくださいm(__)m
ではまた明日
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 記事編集
雲の向こうまで
kumo0921.jpg

飛行機雲の向こうまで行ってしまいたいなあ。

ここではない場所に行ってしまいたいなあ。

いつまでも飛んでいられたらいいのに。



なんて思う夕暮れ。たまにはこんな日もありますよね。




今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
いくつかブログランキングに参加しています。よろしければ右側にあるバナーボタンをポチッと押して応援してやってくださいm(__)m
ではまた明日
固定リンク | comments(6) | trackbacks(0) | 記事編集
衣替え
onomchi0920.jpg

世間では5連休なのですよね。たぶん町には観光の方がたくさん来られているんでしょうが…家から出なかったのでよくわかりません(汗)

衣替えをしようと服を出したり洗ったりしているうちにすっかり1日が終わっておりました(普段どれだけマメに手入れしてないかがわかるというものです笑)

実は…服の処分のタイミングがわかりません。ついつい「まだ着れるし」と翌シーズンに持ち越すので数が増える一方で…。でもシーズン終わってみると結局1度も袖を通さなかったなあ…と。

今回は心を鬼にしてだいぶ戦力外通告したんでクローゼットもすっきり…のはずなんですが…。“着なくなった服のハギレでバッグや小物を作ろう!”なんて考えてしまってヒモでしばった服をクローゼットの隅に戻したり…結局容量は変わらず、みたいなことになってます(泣)

割となんでも潔く捨てられるタイプだと思うんですが…衣類にはどうも弱いんですよね…。



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
いくつかブログランキングに参加しています。よろしければ右側にあるバナーボタンをポチッと押して応援してやってくださいm(__)m
ではまた明日
固定リンク | comments(4) | trackbacks(0) | 記事編集
やっと読み終えました/1Q84-BOOK2
41shjjawEPL._SL500_AA240_.jpg1Q84 BOOK 2

「1Q84」を読みはじめてから2ヶ月、やっとBOOK-2の最後まで読み終えました。長かった…。BOOK-2はまとまった時間が取れずこま切れに読んだのであんまり物語を楽しめてないかも。一気に読みたかった…と思わせる内容でしたし。

感想は…うーん、無条件に「面白かったよ!」と人に貸せるような本ではなかったかも。でもつまらなかったワケでもないんです。分かり易くないことと面白くないことはイコールではないので。

…なんか歯切れが悪いですね(笑)

読みどころはたくさんありました。ありすぎて感想に何を書いたらいいのかわからなくなってる状態です。まだあと何日もかけて自分の中で噛み締めたり反芻したりする必要のある本なんだと思います。今夜は読了報告、ということで。



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
いくつかブログランキングに参加しています。よろしければ右側にあるバナーボタンをポチッと押して応援してやってくださいm(__)m
ではまた明日
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 記事編集
踏み込まれるのはちょっと苦手
cat0918.jpg

「永金歯科」って看板が立ってました。
「金歯」のとこだけが目に飛び込んできました。

「前場歯科」って看板を見つけたときには
「治すのは前歯だけなんだろうか」と考えてました。

運転中ってくだらないこと考えちゃいますね。


歯といえば、私は人に口の中を見せるのが大のニガテ(大口開けて笑って中が見えてるのはまた別の話(笑)冷蔵庫を勝手に開けてのぞかれるのと同じくらいイヤです。イヤというか恥ずかしくてたまらない。歯医者さんに見せるのは全然平気なんで我ながら不思議ですが。

こういう感覚って個人差あるんだろうなと思います。踏み込まれたくない領域。小さいことのようですがこういう感覚があまりに大きく違う人とは上手くやっていけないかも知れないな…と思ったりもするのでした。…違うかな?



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
いくつかブログランキングに参加しています。よろしければ右側にあるバナーボタンをポチッと押して応援してやってくださいm(__)m
ではまた明日
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | 記事編集