ARCHIVES
TAGS
アコガレの森ガール
hachikuro.jpgハチミツとクローバー

自分の好きなもの=似合うもの、とは限らない。そういうことってありませんか?私の場合…たとえばハヤリの「森ガール

とっくの昔に“ガール”ではない時点ですでに語る資格はないんですが(汗)この“森にいそうな感じの女の子”的なファッションが割とツボです。コットンやリネンのナチュラルな素材、ベージュやアイボリーなどの優しい色合い…肌寒くなってくるこれからの季節、ゆるく温かみのあるスタイルはますます人気出そうですよね。

森ガールっぽい女の子といえば蒼井優ちゃん、ハチクロのはぐみちゃんetc…華奢で色素の薄い感じのかわいい女の子たち。自分を振り返ってみれば…うわっ…対極すぎます(笑)

というわけで、森ガール的なものは遠慮がちに小物で楽しむ程度にとどめておきますが、街に自分好みのファッションの女の子たちがたくさんいるのは嬉しいなあと思ってます。

ひさしぶりにハチクロも読み返したくなっちゃいました。アタマの中だけはいつまでも“ガール”なんですよね…イタイですね我ながら(汗)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
いくつかブログランキングに参加しています。よろしければ右側にあるバナーボタンをポチッと押して応援してやってくださいm(__)m
ではまた明日
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | 記事編集
プリティウーマン
4109Y7A14QL._SS500_.jpg

昨日TVでやってましたね「プリティウーマン」。有名な映画ですが初めて観ました。ジュリアロバーツはこの映画でブレイクしたんでしたっけ。納得ですね。キレイで可愛くてゴージャス。キラキラ輝いて見えました。

ストーリーは“女性なら誰もが憧れる”…と言われると“そうかな?“と思うところもあったけど(ヘソが曲がってます笑)テンポ良く楽しく観ました。豪華なホテル、素敵なドレス、美男美女のラブシーン…ああため息が(笑)“ザ・ハリウッド映画”ですね。

ところで映画の中でジュリアがリチャードギアに「今日は仕事に行かないで私と一緒にいて」って言うシーンがありました(リチャードギアは仕事を休みました)

ここでふとオットに「こんなふうに自分にワガママを言ってくる女の人はかわいいもの?」と聞いてみたところ…鼻の下が伸びてたので答は聞かずともわかりました(笑)

私もワガママには多大な自信がありますがたぶんワガママの方向が思いっきり間違ってると思います(自信を持って!笑)ジュリアのようなかわいいセリフは……汗が出そう(笑)

このあたり…けっこう参考になる映画…だったかも知れません(笑)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
いくつかブログランキングに参加しています。よろしければ右側にあるバナーボタンをポチッと押して応援してやってくださいm(__)m
ではまた明日
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | 記事編集
「イコロ」と「キロル」
shirokuma.jpg

今日は仕事をしている日曜日です。…ふう。
でもヤフーのトップに出ていたこの記事を見てすっかり癒されました。

09051.jpgヤバイ
09052.jpgヤバイ!
09053.jpgヤバイ!!

ヤバいくらいかわいいじゃないですか。胸がぎゅううっとなります。こんな気持ち…久しぶり(笑)

札幌円山動物園の双子のホッキョクグマに名前がついたそうです。「イコロ」と「キロル」。アイヌ語で「宝物」と「道」という意味だそうです。

いい名前。意味も素敵だけど語感が好きです。「イコロ」と「キロル」。絵本が描きたくなります(ああ、そういえばもうありますね「北極のムーシカ ミーシカ」って双子のシロクマの絵本が)

イヌネコも大好きなんですが、私の中ではシロクマとロバがダントツ人気なのです。シロクマはかなり獰猛だし、ロバは頑固で融通のきかない性格(らしい)ですが…ま、見てるぶんには(笑)

私もシロクマ大好き!って方はこちらもどうぞ。
円山動物園HP「双子の白クマ赤ちゃん通信」
http://sapporo.100miles.jp/hokkyoku/
ここを見るとさらに胸がぎゅぎゅぎゅううっっとなること間違いナシです(笑)

とか書いてたら「しろくまアイス」が食べたくなっちゃった。
単純ですね〜(笑)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
いくつかブログランキングに参加しています。よろしければ右側にあるバナーボタンをポチッと押して応援してやってくださいm(__)m
ではまた明日
固定リンク | comments(4) | trackbacks(0) | 記事編集
懐かしい音を思い出したのです
nihontype2.jpg※写真はこちらのサイトから

写真の機械、知ってる方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。今では「ワープロ」さえ骨董品(失礼)ですがさらに昔には「和文タイプライター」なるものがあったのです。

写真では分かりづらいかも知れませんが、手前の活字の並んだ台を左手で前後左右に動かし、中央にあるハンドルを右手で押して活字を拾い、奥にロール状にセットした用紙に文字を打ち付けて印刷用の文章原稿を作っていきます。

katsuji.jpg(写真では英文字ですが)
金属製の「活字」です。日本語には「漢字」があるので活字の数も膨大です。活字の位置を覚えるだけでも大変。これを1つ1つ拾っていく作業は、キーボードをチャカチャカ叩いて文章を綴るのに比べると結構な労力です。

おまけにこの作業、うるさいです。一文字打つごとにガッシャン!ガッシャン!…と相当な音がします。

て、なんでそんなに詳しいのかって?いつの時代の人なんだ、と(笑)

うちの母、結婚前は印刷会社でタイピストをしていたそうです。結婚退職し子供が生まれて数年経った頃、元の会社から和文タイプを借りて自宅で仕事を請けはじめました。小学校から帰るといつも聞こえてきたのはこの和文タイプのガッシャン!ガッシャン!という音でした。

そばで見ているうちになんとなく操作を覚えたので、一度打たせてもらったことがありましたが…実際やってみるととても難しかったです。活字を打つ時の力の入れ具合、活字を探すスピード…一定のリズムで(それも早いスピードで)着々と文章を打ち出していく母の横顔は“プロの顔”だったなあ…とこの文章を書きながら思い出しました。

母はその後別の印刷会社に勤め、最初のうちはタイプを打っていたようですが、ワープロ、パソコン、DTP…という流れにはついていけず、校正・断裁・仕分け・梱包など印刷所内での軽作業に回って定年を終えました。

パソコンの登場はいろんなものを変えたなあ…と思います。母の職種はなくなってしまったけど、娘はパソコンのおかげで昔の母と同じように自宅で仕事が出来ております(その点は変わってないですね笑)

今日はなぜかフッと思い出したのです。ガッシャン!ガッシャン!という懐かしいあの音を。



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
いくつかブログランキングに参加しています。よろしければ右側にあるバナーボタンをポチッと押して応援してやってくださいm(__)m
ではまた明日
固定リンク | comments(6) | trackbacks(0) | 記事編集
狙われそうです
wakabayashi.jpg
オードリーの若林クンと
tencho.jpg
加藤“こども店長”清史郎クンはビミョーに似てませんか。
(2人とも母性本能くすぐる系のお顔ですね)

それはさておき、24時間TVの関係者からはまだインフルエンザ感染者が出そうですね。

今週は睡眠時間がまったく足りてない私。カラダのあちこちに悪い血が滞っているような気がします。こういう抵抗力の落ちてる時は狙われそうですよね。ウィルスに。

そういえば昔、都会に遊びに行っておたふく風邪をお土産にもらったことがありましたっけ。人の多い場所に出る時は要注意ですね。

仕事が一段落したらガツンと遊びたい!と思ってがんばってるんですが…まずはゆっくり休んで体力回復しないとマズいかもしれませんね。

でも遊びとなると日曜の朝の子供みたいに元気になっちゃうんですよね(笑)困ったもんだ(笑)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
いくつかブログランキングに参加しています。よろしければ右側にあるバナーボタンをポチッと押して応援してやってくださいm(__)m
ではまた明日
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | 記事編集