ARCHIVES
TAGS
手のひらの仏様/持光寺
hotoke.jpg

“仏様を作る”なんて言うと“何様?”みたいでちょっと畏れ多いですが(笑)

尾道駅の山手側から出発する「古寺めぐりコース」の一番最初のお寺「持光寺(じこうじ)」では“にぎり仏”を作ることが出来ます。(※有料です)作り方は簡単、分けていただいた土のかたまりをぎゅっと手でにぎるだけ。目鼻などを自由に描いて出来上がり。あとはお寺に預けて焼いていただきます。(出来上がりは取りに行くor送ってもらうのも可)

不思議なもので、カンタンな作り方でもひとり一人みんな違う姿の仏様になるんですよね。たぶん同じ人でも毎回違う姿になるんでしょうね。顔つきなんかもその時の気持ちで変わりそうです。

写真の仏様は8年前のものです。その頃私はどんな気持ちだったのかなあ。今だとどんな仏様になるんでしょう。

手入れの行き届いたお寺の境内で無心に土と向き合う時間。旅の思い出にはもちろんオススメですが、地元の人間でも心ひかれるものがありました。

もしかしたら情報が古いといけないので…遠方の方は一応問い合わせをしてみてくださいね。
瀬戸内しまなみ海道振興協議会 
http://www.go-shimanami.jp/topics/nigiribotoke/index.html
尾道市
http://www.city.onomichi.hiroshima.jp/kanko/data_ono/t_jikouji.html



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
※ブログ村ランキング「地域生活(街) 中国地方」への応援ありがとうございますm(__)mいつも感謝してます。これからもどうかブログランキング・にほんブログ村へ←ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)m

ではまた明日
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | 記事編集
1Q84-BOOK1
1984-1.jpg

一日中ジメジメした天気の中、家から1歩も出ず本を読んでました。村上春樹の「1Q84」。やっとまとまった時間が取れたと思い連休中に読了する予定でしたが、どうやら「BOOK1」でお休みは終わりそうです。しまったなあ…。

最近長い小説を読むことが少なくなってしまったので、本の世界に入り込むコツみたいなものがサビついてるのかも知れません。というか、そんなにさーっと流し読みできる小説でもないですが。

amazonで「BOOK1」の感想だけちらっと見ましたが、ベストセラーになるとその分批判的な感想も増えますね。「ノルウェイの森」の時も確かそう思ったような…。色んな人がいますね。

小説はそれを読む時の自分の年齢や置かれている環境によって感じ方が全く変わるものなので、面白くなかった、わからなかった本でも数年後にまた試してみるのもいいんじゃないかと思います。私の本棚にはそうして評価の変わった本が何冊かあります。

若い時には同じ本を何度も読むならその分新しい本が読みたいと思ってたはずなんですけどね。

さて明日からまた本を読む時間を作るのがむずかしくなりそうです。今夜はもう少し本の世界に入り込みたいと思います。



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
※ブログ村ランキング「地域生活(街) 中国地方」への応援ありがとうございますm(__)mいつも感謝してます。これからもどうかブログランキング・にほんブログ村へ←ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)m

ではまた明日
固定リンク | comments(4) | trackbacks(0) | 記事編集
検索ワードにちょっと反省
kumo.jpg

アクセス解析のあるブログではよく「自分のブログにこんな検索ワードで訪問してきた人がいた」的な話題が出てますよね。世の中には色んな興味関心を持ってる人がいるんだなあ…とびっくりしたり感心したり。

このブログにも少ないながらも色んなワードでのご訪問があります。一番多い「プラスワン尾道」これは素直にうれしいことでありますが、時には“ああ…悪かったなあ”と思わせられるものもあります。

たとえば「キムタク」はワルグチ書いちゃったし、「ジャルジャルとしずる」は見分けがつかない(つかなくても困らない)とのたまったし…たぶんファンの方なんだろうなあ…と思うと“せっかくここまで来てもらってこんな内容じゃ…”と申し訳なく思ってしまいます(汗)

その点このワードでご訪問の方→「レーヨンの洗濯」この方には確実にお役に立てただろうと(笑)なにせ失敗例も正しい方法も載ってますから。

とはいえ、読んでどう思うかはそれぞれ自由。これからも特に気にすることなく色々と書いていくとは思います。ムダ足を踏んだ方にはココロの中でちょっとだけ“ごめんね”と謝りながら…



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
※ブログ村ランキング「地域生活(街) 中国地方」への応援ありがとうございますm(__)mいつも感謝してます。これからもどうかブログランキング・にほんブログ村へ←ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)m

ではまた明日
固定リンク | comments(4) | trackbacks(0) | 記事編集
スイカは水で出来ている(?)
suika1.jpg
いただき物のスイカが余ったので残りをジュースにしておきました。

冷蔵庫で一夜を明かしたら↓
suika2.jpg
こんなことに。

この上のほうのは単に水ですか?
なんとなく確かめる気になれず(マズそうじゃないですか?)
suika3.jpg←復元
もう1回混ぜて飲みました。

やっぱり確かめてみれば良かった。と今ごろ思ってます。
まだまだ世界は謎だらけのような気がします。



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
※ブログ村ランキング「地域生活(街) 中国地方」への応援ありがとうございますm(__)mいつも感謝してます。これからもどうかブログランキング・にほんブログ村へ←ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)m

ではまた明日
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | 記事編集
今ごろPUFFY、今こそPUFFY
puffy.jpgBring it!(初回生産限定盤)(DVD付)

奥田民生が好きなら大抵はパフィーも好き…な程度の軽いファン状態で先日パフィーのライブに行ってきましたが…

いやもうもう2人ともすごいカッコ良かったです(バンドメンバーも!)音もノリも最高で、しかもMCはめちゃくちゃ面白く(シャベリだけでも2時間いけそうなくらい笑)期待値をはるかに上回る感動をもらいました。

一緒に行ったオットも、“なんか昔いっぱいヒット曲があったユルユルだらだらしてる女の子達”くらいの認識だったのが完全に覆され、すっかり心臓を撃ち抜かれたみたいです。

何年か前のインタビューでパフィーの2人が「女性は体力的にもビジュアル的にもステージ上でカッコ良くパフォーマンスできる年齢に限界があると思う。それを意識した時からどこまでやれるかギリギリまでやってみたいと思うようになった(ウロ覚えのおおまかな内容です)」みたいなことを言ってて、“あー腹をくくったんだなあ。カッコいいなあ”と思った記憶があります。

日々精進してる姿勢、さらにそれをオモテに出さないところにシビレます。生き方が潔くて憧れます。おまけにかわいくてオシャレで強くやさしく…無敵じゃないですか(笑)

新しいアルバムもイイです。楽曲提供のアーティストが豪華で各アーティスト目当てだけでも充分聴きごたえあります。私もフジファブリック、斉藤和義、細美武士…と気になってましたが、他のアーティストの曲も全て魅力的でした(アルバムは出来ればDVD付きの方がオススメです。ライブ映像ほんとカッコいいです)

彼女たちが書いてる詩も染みます。
あなたは自由 止めるものは他に何もない
好きにやったらいい
大丈夫 そばにいるよ
13年、お互いを支えながら好きにやってきた2人に歌われると、明日も前を向いて歩いていこうかな…と素直に思えたりして。

次のツアーの時には手当たり次第周りに声かけようと思います。クアトロが超満員じゃなかったのがあまりにもったいない(でも贅沢このうえない)ライブでした。



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
※ブログ村ランキング「地域生活(街) 中国地方」への応援ありがとうございますm(__)mいつも感謝してます。これからもどうかブログランキング・にほんブログ村へ←ポチッと応援よろしくお願いしますm(__)m

ではまた明日
固定リンク | comments(4) | trackbacks(0) | 記事編集