ARCHIVES
TAGS
プラスワン89号発行日です
sky.jpg

今日はプラスワン89号の発行日です。
折込広告と同じものをWEBにアップしています。
尾道市近郊の方、のぞいてみて下さいね。
こちらからどうぞ

プラスワンおのみち/今月のプラスワン(89号)

ブログの更新は後ほど…。

梅雨入りしたのに今日も尾道はいい天気です。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 記事編集
ばかで無敵でカッコイイ
umekayo.jpg
男子は
ばかで
無敵で
かっこいいです。(うめ)

ちょっと気持ちが疲れたなあ、って時に手に取る写真集です。梅佳代さんの「男子」。どこにでもあるような、誰の記憶にもあるような小学生男子たちの無邪気でバカ(←ホメ言葉)な写真が詰まってます。撮り手である梅佳代さんに100%心を開いてる様子もとってもイイです。

女の子はもっと早い時期に無邪気さを無くしてしまうので、子供の頃は同級生の男の子たちのこういうバカっぽさは理解不能だったけど、自分が大人になってから彼らを見てみるとなんだかうらやましい限り。もしかしたら人生でいちばん幸せな時代なんじゃないかなあ…まぶしいです(笑)

この本を見てるとオトナの事情のあれこれで悩んだりしてるのがバカバカしくなっちゃいます。


余談ですが、最近TVでロッチを見るたびに“この感じは何かに似てる…”と思ってたんですが、この写真集を見てる時の感じに似てたんだと気付きました。あの2人には仲のいい小学男子のノリが濃厚に残ってるんですね。ばかで無敵でカッコイイ…かも(笑)ちょっとハマってます。



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
※ブログ村ランキングに参加中です!ブログランキング・にほんブログ村へ←をポチッと押して投票してくださると更新の励みになります。よろしくお願いします(^^

ではまた明日
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 記事編集
小さくたたんで捨てるのは
wanko2.jpg

オットと一緒にテレビを見ている時、サラダ油の詰め替えパックのCMが流れました。すると彼が「詰め替え用のCMってよく“小さくたたんで捨てられる”とか言ってるけど、アレってそんなにセールスポイントになるか?」と言うではありませんか。私はびっくり。セールスポイントに…ならないの??

「エコだエコだって言うけど何が変わる?」とも。うーん、細かいこと言えばゴミの量が減ると埋め立て地も有効に使えるし、ゴミ収集車のコストも下がるし…エコ…じゃないの?

ただ私の場合、“小さくたたんで捨てられる”のがうれしい理由は

ゴミが小さくなる

ゴミ箱にいっぱい入る

ゴミ捨ての回数(=面倒くささ)が減る!

これですね(笑)これに尽きます。エコはあんまり関係ないです(汗)

それにしても何を便利と思うかっていうのは人によってずいぶん違うものですね。ささいな会話でしたが改めてそう思いました。商品開発の難しさも面白さも、この“違い”の捉え方に集約されそうですね。

ワタシ的には今後もっと小さくたたんで捨てられるものが増えたらサイコーですが。ゴミ捨ては年に1度!くらいの勢いで。(どんだけ面倒くさがりなんだ笑)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
※ブログ村ランキングに参加中です!ブログランキング・にほんブログ村へ←をポチッと押して投票してくださると更新の励みになります。よろしくお願いします(^^

ではまた明日
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 記事編集
記念日に梅酒を
umeshu.jpg

今日は“梅酒の日”だそうです。ちょうど梅を買おうかなーと思ってたところで。いいタイミング(笑)

家で作るよりも市販品の梅酒を買うほうがじつは安いんですけどね。でも自家製の梅酒は甘さを調整できるのが魅力です(私の場合は甘さを減らす方向で)仕込みが終わると妙な達成感があるのも楽しみのひとつです。

と、書いておいてナンですが…梅酒あんまり飲まないんですよね(笑)飲み始めるとあっという間に無くなっちゃうんで、“ちょっとずつ大切に飲もう”…と思ってると1年経ってもそのままだったりして(汗)

そんな時にはかわいいボトルに詰めて人にプレゼントしたりします。オリジナルのラベルを貼って。喜んでもらえるとほんのり嬉しいです。

6月になにか人生のイベントがある方は梅酒作っておくといいかも知れませんね。1年後、2年後…に時の流れを思いながら飲む梅酒は美味しいんじゃないでしょうか。記念年のワインよりはお手軽に楽しめそうです(笑)

梅酒の作り方、ここが写真入りでわかりやすかったです↓
http://www.minabe.net/umelife/umesyu/recipe.html



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
※ブログ村ランキングに参加中です!ブログランキング・にほんブログ村へ←をポチッと押して投票してくださると更新の励みになります。よろしくお願いします(^^

ではまた明日
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 記事編集
何度でも“映画館で”観たい映画
rollingstones.jpg

ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト
2006年秋、ニューヨークのビーコン・シアターで行われたザ・ローリング・ストーンズのライブを、マーティン・スコセッシ監督が撮ったドキュメンタリー。収容人数2,800人の劇場を舞台に、世界一の撮影スタッフがあらゆる機材を駆使し、ライブの全体像から舞台裏までを映しだす。

もうすぐDVDが発売になります。欲しいです。でもこの映画は今後も上映される機会があれば逃さず映画館に足を運びたい!!広島シネツインで観た時は前から3列目。まるで自分もライブ会場に立ってるみたいでした(座って観てたけど)このライブ会場がまた美しいんですよね。ため息が出ます。

特別ストーンズのファンというわけでもなかったのですが、映画が始まった瞬間からエンドロールまで、目も耳も心も、身体中もっていかれました。自分を律してロックスターであり続けるミック、神々しいほど圧倒的な存在感を放つキース、ギター小僧の瞳のままのロン・ウッド、端正なたたずまいのチャーリー・ワッツ。この人たちはもう…すごいです…。

監督もバンドもスタッフも、全員が超一流のプロとしての全てを出し切ってぶつかるとこんなにスゴいものが出来るんだ…。圧倒されました。すごいパワーがもらえます。元気が欲しい方はぜひこのパワーをもらってください。

映画観てしばらくの間は夢に出るくらいミックジャガー熱にうかされてました(笑)恋愛対象の上限年齢を彼が一気に引き上げてしまいました。どうしましょう。特例ですよね。これは(笑)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
※ブログ村ランキングに参加中です!ブログランキング・にほんブログ村へ←をポチッと押して投票してくださると更新の励みになります。よろしくお願いします(^^

ではまた明日
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 記事編集