ARCHIVES
TAGS
ネコの暮らしやすい町は
onomichi-neko2.jpg

山手でも海岸通りでも、尾道の路地を歩けばたいがいネコに出会います。人なつっこい子、すばしっこい子etc…ネコにも色々性格がありますね。古寺めぐりコースの途中に出会うネコなんかは観光客慣れしているせいか、おとなしく触らせてくれたりするので、つい「君ィ、いい仕事してるじゃないか」なんて声かけてしまったり(笑)

古い港町にネコ。これって写真撮る人にとっては格好の被写体ですよね。私もたまーにカメラを持って出かけた時に出会ったネコ達の写真が、気がつけばけっこうたまってたりします。有名な動物写真家の岩合光昭さんも、尾道のネコを撮りに来られてますよね。(同じまちで同じようなネコを撮ったはずなのに…写真の出来が違いすぎてボーゼンとしますが…笑)

村上春樹さんの「遠い太鼓」というエッセイ集の中には“ギリシャの島にはネコが多い。人とネコが自然な感じで共存している…”というようなことが書いてあります。尾道の人とネコとの関係も似たような感じがします。魚を売り歩く行商のおばさんの手押し車のそばにチョコンとネコが…子供の頃にはそんな光景もよく見ました。のんびりと、ネコの暮らしやすい町は人間もゆったりと暮らしやすい町かもしれません。

岩合光昭さんの公認サイトはこちらです。↓
世界各地で撮影した動物の写真(素晴らしいです)と取材記(日本のネコ巡り編もあります)が読めます。
http://www.digitaliwago.com/



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
※ブログ村ランキングに参加中です!ブログランキング・にほんブログ村へ←をポチッと押して投票してくださると更新の励みになります。よろしくお願いします(^^

ではまた明日
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 記事編集
シアワセになるチーズケーキ
sweets001.jpg

酒飲みの例にもれず、甘いものはそんなにたくさん食べられない私です。一般女子の2割程度しか“甘み許容量(←勝手に命名)”がないと思いますが、そんな私でもお気に入りスイーツはあったりします。

所用で大阪に行くときには梅田の地下街で必ず買って帰る一品。成城石井の「プレミアムチーズケーキ」です。18cmくらい?のパウンドケーキ型をしていて1本が798円。(総菜コーナーにあったらグラタンと間違えそうな風貌です(笑)けっこうずっしり詰まってます。

これを切り分けて、ちょっとだけレンジで温めて食べるとほんっとにシアワセな気分になれるんですよねー。もうデレデレですよ顔が。

味の説明はスイーツ用語をよく知らないので(汗)商品説明から引用させていただきますね。“クリームチーズをふんだんに使ったベイクドケーキの土台には、素朴でナチュラルな甘さのスポンジ生地を使用し、表面にはサクサクしたシュトロイゼルが乗せられ、ローストしたアーモンドとレーズンが味にアクセントをつけています。”…だそうです。

成城石井は今のところ神戸あたりまでしか出店していないようです。でもお取り寄せが出来るみたいですね。いい時代です。ありがたや(笑)

オンラインショップはこちらです↓
http://www.seijoishii.com/

近くにこんなお店があったら家のエンゲル係数が倍増しちゃいますけど(汗)たまの贅沢ということで(笑)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
※ブログ村ランキングに参加中です!ブログランキング・にほんブログ村へ←をポチッと押して投票してくださると更新の励みになります。よろしくお願いします(^^

ではまた明日
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 記事編集
ミイラ取りがミイラになる…?
hanana.jpg

去年のクリスマス前に小学生の姪から「クリスマスプレゼントはウェブマネーで欲しいな」ってメールがきました。…小学生がウェブマネーって。いったい何に使うの?妹(彼女の親)にこっそり聞いてみたところ「パソコンで何か遊んでるけどよくわからない」とのこと。心配になるじゃないですか。ネット上でなにかよからぬ遊びをしてお金を巻き上げられたり個人情報が漏れたり…なんやかんや悪い想像が頭をかけめぐります。

「何に使うのか教えてくれないとプレゼントできないよー」と返信すると、姪から「ここで使いたいの」とURLが返ってきました。それがリブリーと私との出会いでした。リブリーアイランドはネット上でペット(リブリー)を育てたり他の人との交流を楽しんだりする(基本は)無料のオンラインゲームですが、彼女はそこの有料のアイテムが欲しかったようです。

ゲームはほのぼのしてるし、そんなに法外なお金を巻き上げられることもなさそうだし、これなら小学生でも大丈夫なのかな、と約束通りウェブマネーをプレゼントしました。が、まだちょっと心配だった私は自分でもリブリーを飼って姪のリブリーと交流することにしました。

それから半年。
リブリーは世話してやらないと死んだり家出したりするので、1日1回アクセスして面倒みてるんですが…先日確認してみたら姪のリブリーは家出してました。彼女はそろそろリブリーに飽きたようです。

「これで私の任務も終了だな(笑)」と思ったのですが……。ここで困った事態となりました。しょせんゲーム、とわかってはいるんですが、私は自分のリブリーに情が移ってしまい、餓死させたり家出させたりということがどうしても出来ず、いまだに1日1回世話をし続けてる状態なのです。はっきり言ってメンドクサイ。やめたい…でも手を汚したくない…でもいつまで飼うの?…どうしたらいいんでしょう(困)

こういうのをもしかして“ミイラ取りがミイラになる”っていうのでしょうかね…。




今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
※ブログ村ランキングに参加中です!ブログランキング・にほんブログ村へ←をポチッと押して投票してくださると更新の励みになります。よろしくお願いします(^^

ではまた明日
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 記事編集
柄が2本ある傘
ある日の出来事。実話です。
hebi01.jpg

hebi02.jpg

hebi03.jpg

hebi04.jpg

6月に入りました。そろそろ梅雨入りとか気になりますね。傘を差す時、今でも時々思い出す出来事です。ヘビ年の年賀状に描いた4コマが出て来たので載せてみました。家の外にある傘立ては要注意ですね(うちの実家だけかな笑)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
※ブログ村ランキングに参加中です!ブログランキング・にほんブログ村へ←をポチッと押して投票してくださると更新の励みになります。よろしくお願いします(^^

ではまた明日
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 記事編集
尾道という小さなまち
onomichi0001.jpg

高校生の頃は「早くこのまちを出たい」と思ってました。卒業後、東京の学校に行かせてもらいました。紆余曲折があり、今こうして故郷の尾道に住んでいる自分のことは「わるくないな」と思ってます。

遠方の友人が訪ねて来てくれる時には、尾道のいいところを余すところなく伝えようと、一生懸命プランを立てたりします。そのうち友人だけでなく“もっと多くの人に尾道を好きになってもらいたいな。訪ねて来てもらいたいな”とまで思うようになりました(笑)。私だけじゃないんですよね。このまちにはそんな郷土愛(?)にあふれる人、とても多いように思います。

このブログを始めて「なにを書こうかなあー」となった時、最初は尾道のことをたくさん書こうかと思いました。でもね、私なんかよりよっぽど愛と情熱を持って尾道を紹介されている方々がたくさんいらっしゃるので「こりゃ出る幕ないかな…」と。やるからには“余すところなく伝えたい”と思ってしまう自分の性分を考えると、今の私ではいろいろと力不足のようです。

なので今後もこのブログにはそんなに“尾道情報”は登場しないかも知れません(あ、もちろん「プラスワンおのみち」には毎月尾道のお店情報満載ですよ!こちらは余すところなくお伝えしていきます!)ただ、あまり登場しないかもしれない“尾道”だけど、“私もこのまちが好きなんです”ってこと、ちょっと書いておきたかったのです。

海と山と古い建物。時代のスピードから置いて行かれたようなこの小さなまちが私は好きです。そこで日々暮らしている自分という小さな存在のことも、だいぶ好きになってきたところです。




今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
※ブログ村ランキングに参加中です!ブログランキング・にほんブログ村へ←をポチッと押して投票してくださると更新の励みになります。よろしくお願いします(^^

ではまた明日
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 記事編集