ARCHIVES
TAGS
白い花束
20120601.jpg

ラジオを聴いていたら今日はマリリンモンローの誕生日なのだそうですね。

父の誕生日と同じなんだなあ(だからどうした)と思いつつ…

うちの父、誕生日と命日が同じ日なのですよ。ま、それも(だからどうした)なんですけど。

仕事の打ち合わせの帰りにお花屋さんに寄って「白い花で花束を」と頼んで作って頂きました。

「リボンも白で…」と注文する前からすでにお花屋さんは心得た顔。でもどうかな?白い花束、仏事とは限りませんよね。幸せも連想させる清楚な花束が出来上がりました。

白い花束には心が癒されるな…と思いながら写真を撮って…「毎年ブログに書いてたっけ?」とログを確認したら、2年前にも「白い花に心が癒される」みたいなことを書いてました。はは。

今日もあの日と同じような過ごしやすい晴れた一日でした。何年経っても忘れないものですね。



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 記事編集
BUMP OF CHICKEN@広島グリーンアリーナ
20120528.jpg

先週の土曜日。行ってきました。BUMP OF CHICKEN@広島グリーンアリーナ。

前回が4年前。前回も行ったんですけど、ああもう4年前ですか…。

初めて観たのはセットストックのステージでしたっけ。

友達と飲んでる時に彼女の弟さんが「これから絶対に売れるバンドだ」ってまだインディーズ時代のCDを聴かせてくれたのが…何年前?

なんだかんだで彼らももう30代。随分と“余裕”を感じさせるステージになってました。

これからどこに向かうのか。

(彼らの場合)何年後か分からないけど、また観に来るんだろうな。

と、しみじみ思いながら帰りました。



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 記事編集
良い子はマネしちゃダメですよ
20120523.jpg

誰とは書きませんけどね、
ツバメの赤ちゃんにイタズラする悪いヤツがいるんですよ。



目の前に来たものは親(=エサ)だと思って取りあえずピーピー口を開けるようになってるんですねえ(でもバッグをかざしてみたらそれには無反応でした。何故?)

一生懸命に口を開ける赤ちゃん達、とっても可愛いです。こんな健気な子供達にイタズラしちゃダメです!ダメ!(といいつつ動画まで撮ってしまいましたが)

それにしても人間の手の届く高さに巣を作った親鳥さんたち…ちょっと人間を信頼しすぎでは…?と、心配になった私です。この子達、イタズラに負けず無事に育ちますように…(ゴメンね)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 記事編集
4度目のしまなみ海道サイクリング
20120521.jpg

気がつけばもう5月も半ば…

「連休どうだった?」と人に聞かれて「連休って?」と返してしまいました。連休明けからギッチリ働いていたせいか…ゴールデンウィークが遥かかなたの出来事のように感じられちゃって。ふう。

そんな日々からやっとひと息ついて、週末にしまなみ海道サイクリングに出かけました。

今回は遅い出発で日帰りだったので、車で瀬戸田サンセットビーチまで行き、そこで自転車を借りました。

目的地は大島「道の駅よしうみいきいき館」の海鮮バーベキュー。はい、食い気です。

多々羅大橋、大三島橋、伯方大島大橋…とひたすらバーベキューのことを考えながら島を渡り(笑)うーん!苦労してありつく食事は美味しいですね!

しかし、バーベキューの美味しさにうっかりゆっくり過ごし過ぎてしまい…自転車の返却時間に間に合わない!復路のダッシュのキツいことキツいこと…。

しまなみサイクリングは往復せず片道乗り捨ての方が楽しめる気がします。そしてこれは何回か経験してみて確信しましたが、出発は絶対に今治側からにした方がラクだし楽しいです。

今回はレンタサイクルを借りましたが、昔に比べて乗りやすい自転車で、種類も増えていてビックリしました。それから以前に比べて本格的な自転車乗りの人達もすごく増えてますね。サイクリングロードとしての認知度、かなり上がってるんですね。

明石海峡大橋や瀬戸大橋の本四ルートに比べて、しまなみ海道は橋が一望できる訳でもないしちょっと地味だなあ…とひそかに思っていたのですが…自然を身近に感じながら人力(ノーエネルギー)で海を渡れる唯一のルート、実は一番すばらしい道なのかも…。

再発見の旅でした。(翌日のはげしい筋肉痛に…昔とは違う自分も再発見しましたよ…(涙)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 記事編集