ARCHIVES
TAGS
98歳と84歳
20111020.jpgくじけないで

実家に行ったら母が今読んでる本を見せてくれました。

柴田トヨさん、90歳を越えてから詩を書きはじめ、98歳にして処女詩集を出版されたという方…。

パラパラとページをめくってみました。

沁みわたる、滋養のある、やさしい、温かいことばがいっぱい詰まってました。

「おかあさん、いくつになっても、人間はステキだね。こういう年の取り方をしたいね。」

私達ももう一花もふたハナも咲かせようではないか!(笑)…なんて言いながら、所用があり、数年ぶりで母の一番上のお姉さんの家に行きました。

母の姉…といっても色々事情があり、長女、ではないその伯母は、御年84歳なのですが…

ものすーごく!元気でお洒落で毒舌家(笑)数年前に会った時より若返った気がするくらい…ああオソロシヤ(笑)

独り暮らしで自分の好きなことだけを好きなだけやってる人です。たぶん敵も多いタイプ。母も「姉妹でさえイヤになる時がある」って言うくらい(汗)「周りはともかく本人はストレスなさそうだなあ…」と思わせるおヒトです(笑)

私は子供の頃、この思ったことを何でもズケズケ言う伯母にずいぶん傷つくことを言われたので、長い間この伯母のことが苦手だったのですが、大人になってからは「こういう裏の無いヒトの方がずっといい。つき合いやすい」と思うようになりました。

こっちがそう思うようになると、不思議なもので伯母の方も私のことを気に入ってくれるようになり…人間関係って面白いものですよね。

80歳を過ぎても、思うがままにやりたい放題に生きている伯母を見ていたら、なんだか安心すると同時にたくさんの元気と勇気をもらったような気がしました。

柴田トヨさんと私の伯母は、性格も生き方も全然違うんですが、どんな道を歩いていようと、全開で、全力で、自分自身を楽しんでいる人って…とってもイイですね。

今日は諸先輩方々に教えられた1日でありました。



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 記事編集
再読/ソフィーの世界
20111018.jpgソフィーの世界―哲学者からの不思議な手紙


出版が1995年なので、もう16年も経つのですね。世界的ベストセラー「ソフィーの世界」

まだ未読の本がたくさんあるというのに、先日ふと本棚から引っ張り出してページをめくったら…止まらなくなってしまい今に至ります。

難しい部分も多いので、本当は集中して一気に読みたいんですけど、なかなか時間も取れず…お風呂で小間切れに読んでます。

私の持っている本は出版から半年足らずで第55刷!当時どれだけ売れたんでしょう!

最初に読んだ時、友人に「頭の中がジェットコースターに乗ってるみたいに刺激的だった」って感想の手紙を書いた記憶があります。

…なのに、読み返してみるとまるで初めて読むみたいにきれいさっぱり内容を忘れている自分…。毎度のことですが呆れるやら情けないやら…。

なので前回もその箇所で心ふるえたのかどうか定かではありませんが…(汗)、今回、この1行に心ふるえています。

「わたしは生きている、たった一度生きている、そして二度とこの生命の世界には戻ってこない」

二度と戻れない時間のことを、苦しいほど切なく愛しく思う時から、青春の終わりが始まるのだなあ…と思うのでした。

秋…ですねえ…。

(ところでこの本、今なら中古で1円から買えます。コストパフォーマンス高すぎ!一家に一冊いかがですか?笑)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | 記事編集
カタチから入るヒト
20111014-1.jpg

ちょこちょこ「ダイエット中」って書いてますが、今回はかなり本気です。

カロリーコントロール以外に運動も取り入れてます。

この私が!…って書きたいほど、運動音痴な上にものぐさな私が、なにを血迷ったのかジョギング&ウォーキングを始めたのです。

そのモチベーションはどこから…?というのが単純。ランニングシューズを買ったのです。

CMで見てずっと気になってたリーボックのZIGSONIC。某ショッピングサイトの貯まったポイントで入手しました。

いかにも「私走ってます!」みたいな派手なシューズはちょっとおこがましくて…地味なカラーリングですが、とっても気に入ってます。

ギターと同じで、毎日少しずつ走れるキョリが伸びるのがうれしい今日この頃です。

成果?1ケ月で3kg減です。順調…でしょ?(と書いてしまえば意地でも維持するかな笑)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 記事編集
あの曲を
20111012.jpgムーミンのともだち (講談社の創作絵本)

大きな壁にぶち当たってないせいか、まだ毎日ギターの練習を続けています。といってもほんの数十分程度なので上達は牛の歩みですが…。

キャンプで弾きたいなあ…という思いつきから始めただけあって“あの曲”を弾いてみたらなんとなくカタチになったので、得意になってオットに言ったんです。

「ねえねえ!スナフキンの歌が弾けるようになったよ!ちょっと聴いて!」

するとオットが微妙な顔になって…

「それは宴会でみんなが集まった時に聴かせてくれたらいいよ…」
…だそうです。

たしかに…スナフキンの曲を弾く妻って…オットにとっては別にそこまで喜ばしい図ではないかも…ですね(笑)

ところで、この件について書こうとYouTubeでスナフキンの曲を探していたら…

わ!スナフキンの曲を弾いてる動画、結構たくさんアップされてました。
皆さん上手い!


私はまだまだ精進が足りないようです(汗)ぼちぼち頑張ります。



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | 記事編集