ARCHIVES
TAGS
「ひとりじゃない」と
20110811.jpg

真冬に美瑛(北海道)の丘の風景写真を撮りに行ったことがありました。

丘の小道を歩いていると突然猛吹雪に…。視界ゼロの真っ白闇の中で「あーここにいるのは私ひとりだ」と、(ちょっと生命の危機も含め)強烈に「ひとり」を感じたことがありました。

その時感じた「ひとり」にはある種のすがすがしさがありました。


中学の時に通っていた女子12人ほどの塾の中で、途中から急に仲間はずれにされました。

明らかなイヤがらせはなかったけど、ヒソヒソ話やクスクス笑い…ああいうのってどうして自分のことだって分かってしまうんでしょうね。

周りにたくさん人がいるのに自分だけが感じる「ひとり」。この「ひとり」には微塵のすがすがしさもありませんでした。

塾のある日は朝から憂鬱で、おなかが痛くて、逃げたくて。血がにじむような気持ちで中学卒業まで通い続けましたが…今思えばたかが塾、やめちゃえば良かったのに。でも「逃げたかった」けど「逃げたくなかった」…のでしょう。


その塾の中でひとりだけ、私に “普通に” 接してくれる子がいました。

彼女は群れない子でした。彼女自身も小学生の頃から、“男子にめちゃくちゃモテる”というだけでクラスの女子からあることないこと陰口を叩かれ、仲間はずれの標的にされていました。

年季の違い(?)か、彼女はタフで毅然として見えました。特にべったり仲良くなったわけではありませんでしたが、彼女の存在があったからこそ、最後まで頑張って塾に通えたのだと思います(その彼女とは結局ハタチ過ぎ頃までゆるやかな友情?が続きました)


高校に入って随分たった頃、急に当時の塾で一緒だった子から「あの時はゴメンね」と謝られたことがありました。塾で真面目に勉強して先生に気に入られていた私を妬んだひとりの女の子の陰口から始まった「シカト」だった、と。

「逆らうのがこわくて同調してた」なんて言われちゃって。そんなもんなんですよね。

強い人間も、弱い人間も、可哀想な人間も…色々ある世の中ですが…

「ひとり」でいる人に「ひとりじゃないよ」と言ってあげられる人に…行動できる人に…なりたいですね。強くなりたいです。

…ずいぶん長々と思い出話をしてスミマセン。〆切前というのにウッカリ「3月のライオン」を読んでしまったので感情が揺さぶられて…芋ずる式に自分の過去がよみがえってきてしまったのでした…。

(あ、このマンガはほんとスゴいですよ。今後も目が離せませんです。)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | 記事編集
1000家庭に涼風を送ろう!扇風機千台特別プロジェクト
20110808,jpg.jpg

このプロジェクトのこと、今夜知ったのです。

実施期間は明日(8月9日)までだそうです。しまった。今から書いてもムダかも知れませんが…。

東北に扇風機を送るプロジェクトだそうです。
https://www.kauloco.com/ecmatch/

1口3000円で、1500円の扇風機2台を寄付できる仕組みになっているそうです。もちろん発注は出来るだけ地元のお店に行うそうです。

銀行振込の他にクレジットカードでも決済が出来、とてもカンタンに手続きが出来ます。


「東北も暑いだろうなあ…」ってよく思うのです。

夜中に扇風機のタイマーが切れたあと「寝られん!」って怒る日々が続いてますが(汗)「それどころじゃなくタイヘンだろうなあ…」と…。
震災は忘れてはいけません。しかし僕も含め人間はどうしようもなく忘れる生き物なのです。だから生きていけるのです。忘れないようにする工夫や努力は絶対に必要ですが、遅かれ早かれ多くの人の意識から薄れていきます。特に直接被災していない人はそうでしょう(ある意味仕方ないのです)。

現地では瓦礫の撤去作業もできていません(多くの街がすべて瓦礫になったのですから相当な時間と労力がかかるはずです)。個別宅避難者をあわせれば20万弱ぐらいの避難民がいます。仮設住宅が揃うのにも時間はかかるでしょう。

プロジェクトのサイトに書いてあった言葉の一部です。

忘れっぽい私の心に響きました。



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 記事編集
うれしいことが重なって
20110805.jpg

徹夜明けでフラフラ、ボロボロです。

今日の午後に入っていたプレゼンの準備に追われ、昨日の夜なにを食べたのかさえ思い出せないくらい根を詰めて働いてました。プレッシャーとの戦いも久しぶりにキツかったです。

あまりにモーローとしていたので、プレゼンに着ていった服とバッグと靴の色がバラバラぐちゃぐちゃでした…。同行者からも「ちょっとデザイナーとしてのセンスに疑問をもたれるくらいヒドイ」と突っ込みが…(汗)

そんなカッコ悪いダサい私がウンウン唸りながら産んだコドモ(デザイン案)の方は、ありがたいことにお客様から「オシャレになった!カッコ良くなった!」と大変喜んでいただけました。

いいんです。コドモが評価されれば母はボロボロでも…(ホントはもっと努力しなきゃとは思ってますけど…なかなか汗)

そして夜。ここ1週間ほど張りつめていた緊張の糸がぴよーーんと伸びていったので、ホケーっとワインを飲んでいたら…

友達が旦那様と一緒にぶどう&ワインをおすそ分けに来てくれました。

ワインもぶどうももちろん嬉しかったけど、彼女達に久しぶりに会えたのがとってもうれしかった!

嬉しいことが2つも重なってしまったので、眠気が吹き飛びました(笑)

もうちょっと…飲もうかなあ…(いやたぶんすぐ寝ると見た笑)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 記事編集
よくある食習慣の違いってヤツです
20110802.jpgやっぱりコレですよね。

ここ数日、ご飯のたびにオットが冷蔵庫からいそいそと海苔の佃煮のビンを持ってくるんです。

今日はこらえきれなくて「おかずいっぱいあるじゃん!」と言ってしまいました。

私はいわゆる“ ごはんのお供 ”的なもの、佃煮とかふりかけとか漬物とかでご飯を食べる習慣のない家で育ちました。

ふりかけや佃煮というものは、食卓に嫌いなおかずしかない(またはおかずがほとんどない)時に仕方なく使うもの、非常事態の時に使うもの、という感覚が刷り込まれてしまってるんだと思います。

私の方が少数派だということはアタマでは分かってるんですけど…つい思っちゃうんです…

「なにかおかずに不満があるワケ?」って。

オットにはそんなつもりはなくキョトンとしています。

「なんか急に海苔がマイブームになっちゃって」なんて美味しそうに食べてるのを見てると…

なんだか海苔ごときにモヤモヤしてる自分がすごく小さい人間みたいでとってもイヤです!

明日からは私も一緒に食べて早く1瓶消費してやろうかとたくらんでおります(で、自分もハマったりして笑)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(6) | trackbacks(0) | 記事編集
そこは楽園
20110731.jpgSHOPサイトよりお借りしました。

仕事の資料を探しに、午後から3時間ほど遠征しました。広島駅前福屋にあるジュンク堂。

尾道や福山の本屋さんが良くないわけでは決してありません。ありませんが…しかしまあ専門分野の本は数ある中から選びたいわけで。

やっぱりamazonじゃあ事足りないワケなのですよね。本というのはパラパラパラパラとめくってみないと何も分からないわけで。

選んで選んで購入した本の5倍は目を通してるわけで。

図書館にいても書店にいてもいつも思うのですが、時間がゆるして、途中で飲食の出来るカフェかなんかがある環境だと、私はたぶんそこに住めると思うんですよね…(笑)

…というか…それって私にとっては楽園…あと、夜はライブハウス&バーになれば…ああ、そこで一生を終えてもいいですよ(笑)

…なんて妄想をしつつ、夕方には現実的なアレコレの諸事情があって家に帰ってきましたとさ。



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(3) | trackbacks(0) | 記事編集