ARCHIVES
TAGS
おそろいの鍋
20110528.jpg

口の中、左半分がずーっと痛い1週間でした。来週もしかしたら親知らずを抜いて前歯の手術をすることになるかも…。身体に無理が続いて体力がなくなると必ずどこかが悪くなるんですよね…敵(ウイルスとか?)もよく見てますよね…私が弱るところを…。

まあ、愚痴はこのへんにして。


我が家にも1つだけルクルーゼの鍋がありまして。↑写真の通り、真っ赤なハート型のヤツ。

たまーに使ってます。「私には似合わんなあ…」と思いながら。

そう、この鍋は自分で買ったものではないのです。

私には高校時代に一緒にバンドをやっていた女友達が3人いるんですが、この鍋(私を入れて)4人全員が持っている“おそろいの鍋”なんです。

なんでそんなことになったか?察しのいい方ならもうお分かりでしょうか。

22才の時、4人のうちの1人が最初に結婚しました。あとの3人で相談し、お金を出し合ってプレゼントしたのがこの鍋でした。

それからひとり、またひとり…と結婚するたびになんとなくプレゼントはこの鍋、というのが“お約束”のようになっていきましたが…

私だけ結婚したのがすごく遅くてですね、自分が結婚する時にはもうすっかりこの“お約束の鍋”のことを忘れていたのです。

「おめでとう!」ともらった箱を開けてみて…笑っちゃいました。「あんた達まだ鍋のお約束は生きてたんかい!」と(笑)

若いうちの結婚、かわいい新妻にはこの鍋似合うと思うんですけど…もうこの鍋で作るには似合わない煮物を好むようなトシですから…(汗)

でもまあ、それぞれの家庭でそれぞれの友人達の嬉しいこと悲しいこと、同じこの鍋が見てるんだな…と思うのはなんとなくいいもんです。

鍋を見るたびに遠くに住む友人たちに「みんな頑張ってる?」と心の中でつぶやいている私です。

(しかし似合わないんだけど…笑)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | 記事編集
こんなかぐや姫はイヤだ。
20110520-1.jpg

時期はずれですけど、↑写真は竹原の灯りまつりの時のもの。切った竹の中でゆらめくロウソクの灯りがなんとも言えない美しさで…

灯りまつりの最後、町内の方が竹の片付けをされている時にお願いして、この竹の灯籠を分けていただいたことがあります。

その時の竹灯籠は今うちのトイレの角に飾りとして置いてあるのですが…

時々…竹の中にかぐや姫が降臨されるのです。

20110520-2.jpg
わかります?
20110520-3.jpg
オットがトイレットペーパーの芯をここへ…

…正直やめて欲しいです。
こんなかぐや姫はいらんとです。

(なぜかペーパー替えに当たるのはほぼ私なので滅多に見られない光景ではありますが)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | 記事編集
王様に初対面
20110519,jpg.jpg←クリックで拡大します。

悪名高き“あのお方”に、今日初めて実際にお会いしました。

果物の王様、ドリアン閣下。スーパーでマンゴーやパイナップルなんかに混じって、さりげなーく売られてました。

はるか遠い昔から「○○○の匂い(書けない…)の果物」としてその名は知っておりました。東南アジアによく行く友達から「大好きなんだけど持って帰るのはちょっとね…」と聞かされておりました。

でも実物を見たことがなかったものだから、うっかり見過ごすところでした。

おそるおそる鼻を近づけてみたんですが…

あれ?無臭…。

そうか、中がクサいのか。じゃないとこんなところで売れないよね(笑)

どんなにクサいのか嗅いでみたい!においが気にならないほど美味しいって本当なのか食べてみたい!

好奇心いっぱいで売り場にたたずむ私でしたが丸ごと1個で1,980円。

うーん…若干冒険できる金額を超えているような気がするんですよ。

写真だけ撮って帰りましたとさ。

(会費300円くらいで一切れ試食会を開いて欲しい)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | 記事編集
歌も役者もいいんだもの観るしかないでしょ
20110513.jpg公式サイトより

しばらく映画を観にいってないので新作情報にも疎くなってますが…

マイ・バック・ページ

これは絶対に観に行こうと今朝決めました。

なぜ今朝かというと、車のラジオで偶然コレを聴いたせい(いや、おかげ)で。



奥田民生の英語のパートも、YO-KINGの日本語のパートも、どっちも沁みます。この歌がバックで流れる予告を観ただけで、もう気持ちがぎゅううっとなってしまいました。

妻夫木くんもマツケンも、どっちもすごくいい役者さんだと思うので見応えがありそうです。

これだけでもう充分“ 絶対観に行く ” 状態なんですが、さらに…脇に今いちばん好きな若手俳優の中村蒼くんまで出てるじゃないですか。もうもう絶対観に行きますよ。福山の上映予定ないけど。シネツインまで行きますとも。

映画はあまり前情報を入れずに観たい方なので、この映画の時代背景なんかは全く予習しないつもりですが、予告を観た感じでは「アクロス・ザ・ユニバース」と「パッチギ」を思い出しました。

どっちも好きな映画でした。60年代の青春映画(それもちょっと苦い味が混ざってるもの)が自分のツボだということに、書いてて気が付きました。

さて、どんな映画なんでしょう。5月28日の封切が楽しみです。



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | 記事編集