ARCHIVES
TAGS
今年も手作りポチ袋
pochi2010.jpg

去年も書いたなあ…と思いながら…

今年もポチ袋を作る季節がやってきました(笑)

やっぱり相変わらずゆっくり準備をする時間もなく(汗)

今年はクリスマスリースの写真を重ねてA4用紙に印刷…袋の紙まで自家製です。かえって手がかかったような気もしますが(笑)気のせいということにしておきます。

家族や友達のシアワセを祈る時間が持てるのって…いいもんだなあと思います。

今夜はケーキ…ではなくカニを食べに行くクリスマスではありますが(笑)

メリークリスマス…☆



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(8) | trackbacks(0) | 記事編集
昭和の焼き芋
yakiimo.jpg

最近は畑や田んぼでたき火をしてる光景を見ることが少なくなった気がします。ご近所とか環境保護とか…イロイロむずかしいのでしょうね。

子どもの頃はそこら中の畑で農家のおじさんが落ち葉や雑草なんかを焼いてました。昭和の光景ですね。

昭和の子どもだった私は、冬になると畑の隅のほうに投げてあったクズ芋(いやあれは種芋だったのかも!)を拾ってきては、おじさんがたき火のそばを離れた隙にその芋を火の中にこっそり忍ばせてました。

運がいいと、おじさんがたき火を消して帰ったあとに焼き芋が出来上がってました。

でもたいていは、中心のほんの少しを残してあとは全部炭に。はい、焼け過ぎてました(笑)

そのほんのちょっとだけ残った焼き芋の部分を…食べてました(汗)

炭だらけの焼き芋が妙に美味しく感じられたのは…イタズラをしたスリルが加味されてたからなんでしょうね。

ほんと野猿みたいなクソガキでした。これ悪事のほんの一部です。近所の農家の方、今さらですがほんとすみませんでした…。



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(4) | trackbacks(0) | 記事編集
電話とGSとモノマネと。
denwa.jpg

もうほとんど(いや全然?)使うこともなくなった電話のマーク。

今の子どもたちって…このマークが電話だってこと、わかるんでしょうか?

先日、とある仕事で
gs1.jpg
ガソリンスタンドのマークを作ったんですけど

これも何年か先には
gs2.jpg
こうなっちゃうんでしょうかね。


さっきテレビでモノマネ王座なんとか…って番組をちらっと見たけど…モノマネのネタがちょっと昔過ぎるような気が…。若いヒトにはわからないのでは…?

いや、私はわかるからいいんですけど。私は。



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(6) | trackbacks(0) | 記事編集
彼女のこと(3)
kanojy03.jpg

前回までのお話(1)(2)

彼女のこと(3)

それから何日か彼女は学校に来なかった。結局なにがあったのか聞きようもないまま日が過ぎていった。

私に電話番号を聞いてきた女の子は、その日以来ピタリと私の側に来なくなった。時々ノートを見せてあげたりする程度の関係だったので最初のうちは気が付かなかったけど、考えてみると間違いなく“その日以来”その子は私を避けていた。

避けられているのを無理やりつかまえて「何があったのか」問いつめる気は起きなかった。わからないなりに、それ以上関わり合いになってはいけないような気がしていた。

しばらくして彼女が学校に来るようになってからも、なんとなくその事について聞きそびれているうちに随分と時間が経っていった。


「あの時…」

放課後、人がいなくなった教室で、ふっと思い出したみたいに彼女が口を開いたのはもう3学期も終わり頃のことだった。

「あの時、あんたあのまま行ったらまわされとったよ。」

まわされるが“回される”にしか変換できないくらい、その言葉はピンとこない遠くの場所から聞こえてきた。

そんなキョトンとした私の顔を彼女はちょっと呆れたように見つめながら話を続けた。

「あいつらは有名なんよ。何人も女の子が泣かされとるんよ。○○(私に声をかけた女の子)にもあんたを引きずり込むなって言っといたから。もう絶対かかわったらいけんよ。」

“回される”が“輪姦される”に変換され、私を引きずり込もうとした女の子の弱さだか悪意だかに気付いた私の表情の変化を、彼女は少し悲しそうな目で見ていた。

「…世界が違うんよ。」

彼女は最後にそうつぶやいて教室を出て行った。


彼女の思い出はここで終わり。

彼女とは学年が変わって席が離れてからはもうほとんど話をすることもなくなった。卒業後、彼女が高校に進んだのかそのまましばらくして結婚したのか、そのあたりの記憶もあいまいになってしまった。

それから1度も会うことなく彼女は亡くなった。


長い人生の色んな分かれ道で、そのたびに誰かに助けられながらここまで生きてこれたような気がする。彼女にもお礼が言いたかった。言うべきだったんだ、と彼女の死を伝えるニュースを読みながらそう思った。

あの時、彼女はたぶん私に語った以上のことをして私を守ってくれたんだろうと思う。私がしてあげられたことは小さいことだったのに。そして今でも私が出来ることなんて、こうして彼女の思い出を書いて残すことくらいなのに。


それでも…最後まで書けて良かったです。
長々と…読んで下さった方、ありがとうございました。
固定リンク | comments(10) | trackbacks(0) | 記事編集
彼女のこと(2)
kanojyo2.jpg

彼女のこと(2) ※(1)はこちらです。

その頃、私はクラスの中のある女の子から
「友達の男の子を紹介したいから電話番号教えてくれる?」
ともちかけられていた。

彼氏も好きな男の子もいなかった私は、特に深くも考えずにその女の子に家の電話番号を教えた。

早速男の子から電話がかかってきた。いや、彼はいくつか年上で“男の子”という感じではなく、女の子の扱いも慣れているふうで、楽しく話してるうちに気がつくと学校帰りに校門のところで待ち合わせる約束をしていた。

その約束の日の朝、教室に入ると隣の席の彼女が真剣な表情で私に向って言った。「今日の放課後○○○に会う約束した?」

なぜ彼女がその話を知っているのか?なぜ彼の名前を知っているのか?何もわからないままに「うん」と頷くと、彼女はちいさく舌打ちをして「あたしが話をつけに行くからあんたは絶対行っちゃ駄目。」と言い捨てて教室を出て行った。

その日はそれっきり彼女は教室に戻ってこなかった。

放課後、私は一人で帰った。

校門のところに彼はいなかった。

(明日に続きます)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(4) | trackbacks(0) | 記事編集