ARCHIVES
TAGS
エンドレスソング
donadona.jpg

“♪あーる晴れたー昼ーさがりー♪”の「ドナドナ」と、

“♪あ、ガリ、ガリ、ガリガリガリガリ♪”の「スシ食いねえ」と、

ちょっとでも思い出したら不本意ながら1日中アタマの中で歌ってしまう“2大(困った)エンドレスソング”があるんですけど…

最近、近くの店の有線から流れてくる“♪I wish I wish I wish …♪”が耳にこびりついてしまって困っております。

このままではTop3の座に食い込む…どころか…いや、ほんと困ります。ファンの方には申し訳ないですけど。うん、申し訳ないんですけど…割と本気で困っております(汗)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | 記事編集
犬と比べるな
dog-oazuke.jpg

もちろん普段は一緒に食卓について「いただきます」で食べるんですが、今晩のオットは腹ペコの上にその後出掛ける用事があったせいか、まだ最後の一品を皿に盛ってる私の横で

「先に食べていい?」と、すでに箸を持って手を伸ばしはじめてる状態。

「あと30秒も待てば一緒に揃って食べられるじゃん!○○○(←実家の犬の名前)でもそれぐらい待てるよー」と返すと

「犬と比べるな!」

あ、ちょっと失言したかな、と思ったら

「アイツ(犬)の方が待てるに決まってるだろ!」

え!

ええっー?

たしかに実家の犬は鼻先にオヤツを置かれても「待て」がかかると「良し」が出るまでじーっとガマンしているけなげなワンコですが…そうですか…ワンコの方が待てますか…(汗)

可笑しいやら情けないやら…まあ結局はちゃんと待ってくれたので犬との勝負はドローでしたけどね。

びっくりさせてくれますなあ(笑)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | 記事編集
アナゴさん
anago.jpg

以前に生きたナマコを頂いた時には頑張ってさばいてみたんですけど…

生きたアナゴ…今回はギブアップしました(泣)

ナマコには目がなかったけど(ほんとはあるのか?)、アナゴは…睨むんですもん。目がね…怖くて…。

睨まれるしヌルヌルするしもうどうしたらいいのか分からなくなってしまって(涙)上手にさばいて下さる方のところへ預けました。

するとお昼過ぎにはすっかりいつもスーパーで見るお姿になって戻ってきました(笑)ホッ。

こうなると天ぷらにしようか白焼きにしようか穴子丼か…ワクワク…なんてゲンキンなものですね(笑)

尾道の地穴子、美味しいですよ。



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(4) | trackbacks(0) | 記事編集
その姿はちょっとアヤシイ
nimotsu.jpg

そういえば母がこたつ布団を洗いたいから車でコインランドリーに連れて行ってくれって言ってたなあ…と思い出したので電話してみました。

すると「もう洗ったよー」と。

実家から歩いて10分くらいの場所に新しくコインランドリーが出来たんだそうです。

「自転車に載せるのがむずかしかったから大きい風呂敷に包んでかついで行ったよ」

お…お母さん…その図はまるで古典的なドロボーでは…(汗)

「あんまり近所の人に見られないように夜に行ったよ」

うわあ…ますますアヤシイ…(汗)

その図を想像するとつい笑ってしまうんですけど…でもあんまり笑い事でもないですよね…不便なところはもっとフォローしてあげねば…と反省しました。(でもやっぱりちょっと可笑しいですけど)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | 記事編集
せつない気持ち
setsunai.jpg

コンビニでちょっと立ち読みしただけなんですが、雑誌ブルータスが「せつない気持ち」の特集をしてました。

ただ「哀しい」でも「寂しい」でもない、「せつない気持ち」という“感情”がテーマなんだそうです。興味深いです。

せつない…って感情は…“嗜好品”であり“贅沢品”であるなあ…と思います。心に余裕のない状態の時には感じたり味わったりすることの出来ない感情だと思うので。

「せつない…」って発した時にほんの少し混じってる傲慢な感じが後ろめたくて、日頃はあんまりおおっぴらにはしない感情ですが…

私はわりとこの“せつない”という嗜好品が好きです。特に秋は…似合いますね「せつない」。

ま、最近は「せつない」よりは「しんどい」の方が身近な気分なんですけど。ははは(汗)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 記事編集