ARCHIVES
TAGS
発酵する表現
dokusyo.jpg

いい映画を見た、面白い本を読んだ、刺激的な音楽を聴いたetc…感情を揺さぶられた時「これ他の人はどう感じたのかな」って…なんで気になるんでしょうね。

webが身近になる以前は、他人の感想なんて評論家の書いたものを読むか周りの友達の感想くらいしか触れる機会がなかったのに…そう思うと今はほんとに幅広い感想に触れることが出来ますよね。

同じような想いを抱いた人を見つけて「そうそうそうそう」って共有するのも「ええええ!そんな風に捉えるのか〜」とビックリしたり視野が広がったり(時には)腹が立ったりするのも自由自在。

そんなに深くwebの海に潜ってるわけではないのですが(むしろ水面をパシャパシャやってる程度)たとえばAmazonのブックレビューなんかで、自分の感じた思いを自分の何倍もの豊かで的確な表現力で言葉にしてある文章に出会うとほんと嬉しくなってしまいます。(ま、そういう文章を読んでしまうとわざわざ自分の感想を文章にする気力もなくなってしまうのですが(笑)

昨日書いた「星守る犬」のブックレビューにも考えさせられるものがたくさんあって…1日経った今日も割合ずっと「星守る犬」のことを考え続けてます(単純に言えば“引きずってる”ってことです(汗)

私の中での“出会えて良かったもの”の基準というのは、“あとからどのくらいの時間そのことについて考えてしまっているか”だったりします。自分の中で“発酵する”ような表現が好きです。

願わくば自分自身もそういうものを創りたいと(こっそり)思ってますけど…それはまあまた別のハナシで(汗)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | 記事編集
図書館で失敗
happy0711.jpeg星守る犬

久しぶりにのんびり過ごせる休日、図書館に行きました。そこで大失敗。書棚の脇のイスで大号泣するという事態に…。

半年程前に友達の鎖骨後輩さんのブログで知った「星守る犬」が書棚にあったんです。“泣ける話”と知ってたけど、泣けると聞かされていたら心の準備が出来てるし、多少あまのじゃくな自分なのでそんなにガツンとは来ないだろう…と…うっかり気軽な気持ちで手に取って読みはじめてしまいました。

…参りました。途中で「これはヤバい」と思ったけどもう手遅れ。涙がボタボタ、鼻がズルズル…。

まあ人前といってもみんな自分の読書に夢中で、私が(こっそりだけど)ビービー泣いてたことに気が付いた人はいないとは思いますが…。いやほんと参りました。

胸が痛くなるくらい切ない話でした。せつなすぎて腹が立つくらい(なんだそれ)完読したのに借りて帰って、さっき読み返したらまたボタボタ…今夜は水分補給が必要みたいです…。



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(4) | trackbacks(0) | 記事編集
プラスワン102号の発行日です。
edamame.jpg

今日はプラスワン102号の発行日です。

102号はこちらです↓
プラスワンおのみち/今月のプラスワン(102号)

いつもご覧いただきありがとうございます。

今月の掲載SHOP
癒空間 凛
やすもと
ウインスポーツクラブ
ときめき きらら
ピカソ尾道店
グリーンヒルホテル尾道
河野民宿 寿里庵
エステティック プレジュール
バーバー八木
美容室 リッシュ
CLIP CLAP 松永店
ムカイ整体
シーガル
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 記事編集
昔の日記帳
nikki.jpg

中学生の頃から書きはじめた日記帳が10冊くらいあるんです。はい、紙の、アナログの日記帳です。こういうものって結婚する時に庭で焼いたりとかするんでしたっけ?(ドラマの見過ぎですか?)私は今も持ってるんですが、いいかげん処分しといた方がいいんでしょうね。

一応、友達には頼んであるんです。「私に何かあった時には持ち出して処分してね」って。冗談半分ですけど。

ま、そんなに大事な秘密なんて書いてません。だいぶ前に1度気が向いて読み返してみたら、人の名前がほとんどイニシャルで、自分で書いておきながら誰のことだかさっぱり分からないハナシがけっこうありました(汗)

元々あんまり昔のことを覚えてない(覚えられない)たちなので、少しでも残しておこう…と書いてたはずなのですが、読んでも全然記憶にない出来事があったりして「これホントに私が体験したことだっけ?」なんて…けっこうマズいです。自分のことが信じられなくなります(汗)

とはいえ、日記の中の多感な頃の自分…思考回路が幼稚で読んでてこっぱずかしいけど…「一生懸命だったんだなあ…」と思うとなかなか処分するきっかけがつかめないのです…。



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | 記事編集
マジックディスク/ASIAN KUNG-FU GENERATION
51-5I9hnoQL._SL500_AA300_.jpgマジックディスク

ASIAN KUNG-FU GENERATION 。アジカンはブレイクするまではよく聴いてました。私はなんていうか“これからどんどん伸びそう”っていう状態のものが好きなんです。新芽の鮮やかな黄緑色のようなものが。光に向かって手を伸ばしているようなものが。

でも自分自身も(まだこう書くのはおこがましいですけど)長く生きてきて、美しさや輝きが若いものや新しいものだけに宿るのではないことは分かっているつもりです。

むしろ、一度光を放ったものがその後どんな風に変化(進化・深化)していくのか、生き延びていくのか…近年はそっちのほうにより興味があるかも知れません。

同じ時代を生きて、自分が日々更新されていくように、日々変化していくアーチストの存在はとても刺激的です。

このアルバム、発売以来ずっとヘビロテ中です。

挑戦とか冒険とか…いくつになってもそんな状態が好きです。



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 記事編集