ARCHIVES
TAGS
モテキふたたび
moteki34.jpgモテキ

以前に少し感想を書いた「モテキ」が4巻で完結しました。なんと森山未來くん主演でドラマ化もされるそうです。でも広島では放送予定ないみたいですね。他のキャラクターも含めてどんな感じになるのか興味あったんだけどザンネンです(ま、たぶんどこかで目にすることは出来るような気がしますが)

このマンガ、読む人の立ち位置によって色んな感じ方があるようで、ちょこっと読んで回った感想ブログも「へえ…そんな風に思うんだ…」から「そうそうそう(ただただ共感)」まで、人それぞれに面白かったです。

というか、このブログにも“モテキ”のキーワードで来られる方が結構多くて…Googleで20ページ目なんですけど(←探してみた)…私なんて検索しても5ページ目くらいでやめちゃう人なんで…軽くびっくりというか…手間かけた割には来てみたらたいした内容じゃなくてスミマセン…みたいな感じです(汗)


それはそうと、やっぱりズル休みすると戻るのに気合いが必要ですね(笑)文章書くのも3割増に時間かかりました(汗)でもって前回のズル休みの記事でブログを始めてちょうど丸1年だったみたいです(今気が付きました)なんというか…(苦笑)まあ私らしくていい区切りだったような気がしますです。



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。(1年おつき合いいただき、ありがとうございました。謝謝!)
固定リンク | comments(6) | trackbacks(0) | 記事編集
ズル休み
neko.jpg

治したほうがいいに決まってるのに治らないのです。思い返せば中学生の頃から「ズル休み」のクセが治りません。

週末の更新が止まっていたのも正直に言いますと「ズル休み」です。言い訳ならいくらでもあるんですけどね。体調サイアクとか仕事イソガシーとか……でも言い訳です(汗)

時々逃げ出さないと息が出来ない感じになっちゃうんですけど…他の人はそんなことないのかな?いやいやきっとちゃんとした人はみんなそこをグッと抑えて頑張ってるんですよね…。

そんなこんなのダメ人間ですが、またちょっとずつ真人間に戻していきますので…広くてゆるい気持ちでおつき合いいただけると嬉しいです。

(コメントのお返事も遅れててごめんなさい。隙を見つけてお返事しますです)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(8) | trackbacks(0) | 記事編集
3割増しで
51mj-SqxZRL._SL500_AA300_.jpgsplash!!Vol.3

今日は昨日届いた↑コレが早く読みたいがためにいつもの3割増しのスピードで仕事してます。まだ読めないんですけどね(汗)

好きな芸人さんがかなりたくさん載ってるので楽しみです。

さ、もうひと頑張り!

(気もそぞろな更新でスミマセン…ネタギレデモアッタリシテ汗



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(4) | trackbacks(0) | 記事編集
封印を解く時は…
niwatori.jpg

モノマネのレパートリーは持ってないけど、動物の声マネはちょっとだけ上手です。トップ3はニワトリ、カエル、ヤギ。

ヤギは「ほほぅ」と言われるレベル。カエルはこっそりやると「カエルがいる!」と本気で探されるレベル。でニワトリ…これは自分で言うのもナンですが“乗り移った”レベルです(笑)

ヤギやカエルは声マネだけですが、ニワトリは鳴き声だけじゃなく動きも表情もやっちゃいます。昔、妹の前で披露したら妹が笑い過ぎて呼吸困難になってしまって…「(私が)社会的に抹殺されるかも知れないから絶対人前でやっちゃダメ!」ときつく言い渡されてしまい、以来封印しています。

周りの誰かが死にたいくらい落ち込んでいたら、その時は封印を解いてニワトリを披露してなぐさめようと決意してます。まあそんな事態にはならないほうがいいですけど。…私のためにも(笑)

ただ何年もやってないのでひょっとしたら芸(?)がさび付いてるかも…?こっそり練習しておいたほうがいいかな…いや、それを誰かに見られた時点で色々失いそうなので…脳内練習にとどめておきます(笑)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(6) | trackbacks(0) | 記事編集
プラスワン100号の発行日です。
vol100.jpg

今日はプラスワン100号の発行日です。

100号はこちらです↓
プラスワンおのみち/今月のプラスワン(100号)

…100号。キリの良い数字ですがいつもと変わりなく発行させていただいております。この「いつもと変わりなく」続けていけるということ、支えて下さっている皆様のお陰だと感謝しております。

いつもご覧いただきありがとうございます。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | 記事編集