ARCHIVES
TAGS
同窓会
dousoukai.jpg 同窓会〜ラブ・アゲイン症候群

さっき今週の「同窓会」が終わったところですね。録画して仕事中なんでまだ見てないですけど。特に期待もせずに何気なく見始めたら結構面白くて…このドラマはひさびさに続けて見るかもです。

高橋克典さん黒木瞳さんの“カッコいい”主役2人はまあそのままカッコいいですけど、脇を固める人たちが役柄も役者さんもちょっとクセがあって面白いです。三上博史さんの現役感とか斉藤由貴さんの変貌ぶり(←私はいい意味で使ってます)とか吹越満さんのアクの強さとか…いろんな突っ込みを入れながら楽しんで見てます。

でも公式サイトの掲示板をのぞいてみたらちょっとびっくり。「実は私も同窓会に行って今まさに恋愛中で…」みたいなメッセージでいっぱいなんですもん。ヤケボックイにナントカ…はよくあるハナシだとは思いますけど…うーん…あんまりおおっぴらに言わない方が…。“同窓会では何かが起きる”なんて広まっちゃったら…みんな行きにくくなって困りませんか?

私はまあ同窓会には行くかどうかもわからないし(そもそも開催されるかどうかもアヤシイ)火のつきそうなヤケボックイも持ってないので(笑)ノンキにテレビを見ております(まあ人生何があるかわかりませんけど)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(8) | trackbacks(0) | 記事編集
土俵はそこじゃない(笑)
roten.jpg

先日、母と姪っこ2人と露天風呂に入った時のお話。「今日は(妹がいないので)星が作れないねえ(その時のお話はこちら」なんて話しながらお風呂に入ってまして…。

ふと母が割と真面目な顔して言いました。「○○ちゃんや○○ちゃん(←姪っこ達)を見たあと(私を)見たら…やっぱり肌が違うねえ…」

おいおい!アタリマエじゃないですか!(笑)土俵が違いますって!

すかさず姪っ子が「ばあばと○○○○(←私)も違うよ〜。」と。うんうんイイコだ!

違う土俵に出かけて行って勝負を挑むなんてもってのほかですよ!母よ(笑)私はムダな戦いはしませんですよ。戦う相手は…昨日の自分ですよ(これがなかなか勝てなかったりするし汗)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。

固定リンク | comments(6) | trackbacks(0) | 記事編集
カメラママン
mothers.jpg

↑ iPhoneの中の写真アルバムを開いたら撮った覚えのない写真が。少し考えて、先日母が家に来た時に「このカメラアプリ面白いよ〜。撮ってみ」とiPhoneを渡してたことを思い出しました。

ShakeItPhoto(110円)というポラロイド風に撮れるカメラアプリを少し前に入れたところだったのです。コレ、シャッターを押したあとに本物のポラロイド写真みたいに時間をかけてゆっくり写真が浮かび上がってくるところまで再現してあって、オモシロイなあと思って。

母は「ああポラロイドみたいに出てくるねえ……………で?」と、イマイチな反応でしたけど(汗)…でも意外と撮ってる写真がかわいい(笑)

というか、額縁効果なんですよね。何を撮っても結構ソレっぽくサマになってしまうのですよコレ。私はちょっとハマッております。

(写真にはイマイチな反応の母でしたが、iPhone欲しそうなんですよね。なんだかんだ言って会うたびに触って遊んでます(笑)母の日にプレゼントすれば良かったかなあ…)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | 記事編集
きちんと受け止める。きちんと投げる。
catch.jpg

私の仕事では「クライアントがお客さまに伝えたい内容をきちんとお客さま側に伝える」ことがまず基本中の基本です。クライアントが伝えたいことは何なのか、これをしっかり把握するところから仕事は始まります(何を伝えたいのかクライアント自身がはっきり把握できていない場合は、一緒に内容を整理していくことから始まります)。最初は「クライアントの側に立つ」わけです。

次にするのは「お客さまの側に立つ」ことです。正確に伝わるか、わかりやすいか(目にとまるか、魅力的か、気持ちが動くか…色々ありますが基本のことだけ書きます)出来るだけ先入観なく受け手の立場に立って感じたり考えていきます。

立ち位置の変更を何度も繰り返していくことによって、冒頭の「クライアントがお客さまに伝えたい内容をきちんとお客さま側に伝える」という基本が出来ていきます。

こうして仕事では常に「相手が何を伝えたがっているか」と「発信したものがどう受け取られているか」を考えていて、思い込みが強くなったり独りよがりになったりしないように気をつけているのですが…

ブライベートの人間関係では気を抜いてしまって色々やらかしていると…思います。特に「自分の態度やコトバを相手がどう受け止めているか」ということに思いが至らないことが多々あるような…。たまには振り返って反省しないといけませんね。いや、何があったというワケではないのですが。

仕事みたいに自分と相手の間に小さい私がいて「カッカするな、落ち着け。上手く伝えてあげるから」なんてやってくれると助かるんですけどね。そりゃ無理か。精進しますです。



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | 記事編集
いちばん強いのは
tanpopo.jpg

今日は午前中シティクリーニングでした。町内の溝そうじと路肩の雑草抜きが主な内容です。すでに腰が痛いのと車で走ってても道路脇の雑草がやけに目について「ああ抜かなきゃ」って思ってしまってるのが本日の余韻です(笑)

でもですね、本当は「雑草」なんて草はないじゃないですか。春になって、せっかく芽吹いてやわらかい緑や小さな花をつけている私の知らない名前の草たち…。ちょっと湧くのですね、罪悪感が。でも抜くんですけど(汗)

自然と共存する…っていうのは、コトバで言うほどは単純なことじゃないよな…と思いながらも…しっかり根こそぎ抜くんですけど(汗)

でも大丈夫。去年もそう思った場所に、今年もヤツらはごっそり生えてましたから。

植物の強さ…見習わなくては!



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | 記事編集