ARCHIVES
TAGS
子犬時代
happy413-1.jpg

パソコンの中をゴソゴソしてたら実家の犬の子犬時代の写真が出て来ました。数えてみたらもう5〜6年経つみたいです。
happy413-2.jpg
こんなワンコになるとは想像できないくらいコロコロした子犬でした。

実家の母が突然「犬を飼うことにした」とペットショップから引き取ってきた雑種の子犬。当時はまだ母も勤め人だったので、日中は私の事務所に連れて来て面倒を見てました。打ち合わせや納品に出かける時も車の助手席に乗せて…いつも一緒にいたので彼にとっては私が“ 育ての母 ”のようなものらしく、今でも実家に行くと大喜びで出迎えてくれます。母が少しヤキモチを焼くくらいに(笑)

手のひらサイズだった頃は、よく仕事場の机の上で昼寝してました。親バカを発揮してYouTubeに動画をアップしたことも(笑)↓コレです。

なんでもカジカジしてて…マウス1個とプリンターのケーブル1本、ダメにされましたね(汗)今ではなつかしい思い出です。

小心者だけど性格のいいかわいい子です。できるだけ長く母の側にいてほしいと思ってます。



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(3) | trackbacks(0) | 記事編集
熊本…またいつか。
saba.jpg

もうすっかり平常業務なので、週末九州にいたことがなんだか信じられません。夢?(笑)でも例によって体重が増えていたので…夢ではないですね(汗)

証拠写真を…忘れる前にまとめておきました。熊本城や馬刺や阿蘇山なんかに興味のある方…写真ちょっとだけですけど良かったら見てやってください。

熊本城編はこちらから
食べ物と阿蘇の様子はこちらから

そういえば、九州のSAで入ったファミマに「塩さばおにぎり」がありました。サバには目のない “サバーヌ”の異名を持つ私は迷わず購入。これってご当地ですか?普通に近所のファミマにもあるのかな?おいしかったのでこっちにもあるといいなと。

馬刺、辛子レンコン、だご汁、地鶏めし、熊本ラーメン、新鮮な魚介類、ジャージー牛乳ソフトetc…(そんなに食べたのか笑)全部がおいしい旅行でした(あ、焼酎ももちろん)

食文化が豊かな土地ってそれだけでシアワセに暮らせそうでいいですよね。しかも温泉天国だし。熊本…またいつか。



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(6) | trackbacks(0) | 記事編集
温泉つかって帰ります
IMG_0217.jpg

黒川温泉に来ています。
1200円の入湯手形を買うと、24軒の旅館の露天風呂の中から3ヶ所選んで入れるそうです。
今2ヶ所入りました。どこも自然がいっぱいで趣のあるいいお風呂です(もちろんお湯もいいです)たぶんどこを選んでもハズレはない感じ。
町全体が雰囲気良く統一されていて、町おこしの成功例みたいなところです。
あと1ヶ所入ったらいよいよ帰ります。
熊本、名残惜しいです。すっかり気に入ってしまいました。
旅のお土産話はまた明日…では次の湯へ…。

固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | 記事編集
初熊本
IMG_0171.jpg

昨日の夜に出発して福岡のサービスエリアで車中泊、今朝熊本にやってきました。
朝から城主のお供で熊本城へ。現在(もうすぐ5時)まだ城内におります。どんだけ城好きなんだ!オットよ。
天守閣、2年前に復元された本丸、各種の建物や櫓…全部見て回りましたが、最後に遠くの方にある櫓が見たいという城主には一言。「…ひとりで行ってきて…」
城はもうお腹いっぱいでございます(汗)
でもいいところですね、熊本。
夜も楽しみです。

固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | 記事編集
春先神戸に
koube.jpg

「心の旅」を変なふうに歌っていたオットですが…
また新しい迷曲が発覚しました。


「春咲小紅」(1981) with 坂本龍一 高橋ユキヒロ 大村憲司

つい最近、私と話すまで「春先に神戸に来てね、っていう神戸のCMソングだと思ってた」そうです。そ…そうですか…(笑)(YouTubeで動画を探してたら同じようなコメントを見つけました。この勘違いは結構有名?)

作詞は糸井(重里)さんだったんですね。口紅のCMソングでしたっけ?タイトルさすが上手いですね。

てことで週末、神戸に行きたいのはヤマヤマですが、今夜から熊本に行ってきます。尾道城城主(自称)が熊本城を視察したいそうですので…お供して参ります。わらわは馬刺しが食べたいのう(笑)



今日も読んでくださった方、ありがとうございます。
ではまた明日。
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | 記事編集